ニュース
» 2016年09月30日 18時40分 公開

現代にカセットテープが復活? レトロ感あふれるラジカセの開発に向け、クラウドファンディングがスタート

カセットテープブームが再燃している一方で、再生するラジカセがあまり製造されていないのだそう。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 すっかり使う機会がなくなってしまったラジカセ。若者の中には、名前すら聞いたことがないという人もいるのではないでしょうか。クラウドファンディングサイト「Makuake」で、そんなラジカセを開発するプロジェクトの資金調達が行われています。スマホで音楽が聞けるご時世になんで……?


画像 21世紀にラジカセ?

 ラジカセとはラジオの受信と、カセットテープを使った録音・再生の両方ができる音響機器。1970〜80年代ごろに一世を風靡(ふうび)しましたが、1990年代後半にCD、MDが隆盛したことをきっかけにカセットテープが利用されなくなり、姿を消していきました。しかし、2010年ごろからレトロ感が注目を集めるようになり、カセットテープで音源を発表するアーティストが登場。関連イベントも世界各国で行われています。

 今回のクラウドファンディングは、このような流れを受けて実施されたもの。カセットテープのブームが再燃している一方で、それを再生するための機材はあまり製造されていないのだそう。開発されるラジカセ「MY WAY」はあえてアナログな仕様になっており、Bluetooth、充電をはじめとした現代ではおなじみの機能は備えていません。スピーカーはステレオではなく、モノラルです。


画像画像 カラーはオレンジ、グレーの2種

 また、カセットレーベルの立ち上げも実施。7000円の出資で「SALON MUSIC」や「EP-4」「PLASTICS」「MELON」で活動した中西俊夫さんの音源を収録したカセットテープなどがゲットできます。「MY WAY」が手に入るのは執筆時点で1万1800円から。


マッハ・キショ松


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」