ニュース
» 2016年10月04日 17時50分 公開

新海監督の故郷・小海町で「君の名は。」展 作品の原風景も楽しめるかも?

会期は10月23日から12月25日まで!

[あいひょん,ねとらぼ]

 長野県・小海町高原美術館は、大ヒット中の映画「君の名は。」の展覧会の開催を決定しました。小海町は新海誠監督の生まれ育った地で、企画書・絵コンテ・設定資料などの展示を通じて同作の魅力に迫る展覧会になるとのこと。会期は10月23日から12月25日まで。


 この夏公開された最新作「君の名は。」は新海作品の魅力が随所に盛り込まれながらも、今までの作品をさらに超えていく魅力を持った、まさに一つの到達点とも言うべき作品です。そうした「君の名は。」の公開に際し、その魅力をより深く味わうことができる展覧会を新海誠監督の生まれ育った小海町にある小海町高原美術館で開催いたします。本展では、企画書や絵コンテ、設定資料などの展示を通じて、「君の名は。」の内容に迫ります。「君の名は。」の魅力をより強く感じられる機会となれば幸いです(小海町高原美術館の公式サイトから引用

 小海町高原美術館の開館時間は9時から17時(最終入館は16時30分)、休館日は火曜日。入館料は高校生以上が500円、小中学生が150円(20人以上の団体割引あり)。

 小海町は長野県の東部・佐久市南佐久郡のほぼ中央に位置し、雄大な大自然に囲まれた環境が広がっている町です。都市部からは離れていますが、新海監督が見てきた風景をこの機会に楽しんでみては?



関連キーワード

君の名は。 | 新海誠 | 映画


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声