ニュース
» 2016年10月05日 13時40分 公開

横断歩道のヒビ割れとPhotoshopでビーム風エフェクトが描ける! 現役イラストレーターが天才的手法を指南

目からウロコの発想力に脱帽。

[Kikka,ねとらぼ]

 横断歩道のヒビ割れと画像加工ソフト「Photoshop」を使えば、ビームのようなエフェクトを描くことができる、というツイートがスゴイ発想だと話題です。

 加工はとても簡単。まず横断歩道の白線がひび割れた部分を撮影します。画像をPhotoshopに取り込んだらヒビ割れの部分だけを選択してコピー、階調を反転させます。

 続いて、調整レイヤーのグラデーションマップから好みの色に合わせてパラメーターを操作するのですが、ビームと言えばやっぱりブルー系ですよね。


ビームエフェクト 横断歩道のヒビ割れがビームになるってどういうことだ

 その後は効果の周囲を黒く塗りつぶし、フィルタータブから「変形」→「渦巻き」で好みの具合に変形させたらほぼ完成です。ビームを加えたい画像や対象をレイヤーに追加してスクリーンで重ねていきます。


ビームエフェクト ビームになったぁあああああ!

 このとき渦巻きに変形する前の画像をコピーしておき、編集タブから「変形」→「自由な形」でゆがませてから、重ねると“それっぽい感じ”が増します。


ビームエフェクト エフェクトのレイヤーを3重ぐらいにするとリアル感アップ

 この手法をTwitterで公開したイラストレーターの斉藤幸延@Yoshinobu Saito(@yonyon76)さんは、横断歩道の画像をベースに使用することについて「(自然に)ヒビが入っていることが多いのでオススメ」と説明。

 2万“いいね”や1万4000RTを超える反響については「RTいっぱいしていただいて大変うれしい」とつづっています。

 目からウロコの簡単エフェクト作成術。早速、横断歩道を撮影しに行きたくなってきました!

画像提供:斉藤幸延@Yoshinobu Saito(@yonyon76)さん


(Kikka)

関連キーワード

アイデア(発想) | イラスト | Twitter | 天才


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響