ニュース
» 2016年10月12日 10時30分 公開

野尻湖のソウギョを釣りあげたら1万円 賞金額を引き上げた理由

1978年に放流した個体が現在まで生き延びてしまい環境悪化を招いてしまった。

[ねとらぼ]

 ソウギョを採捕したら1万円――。野尻湖漁業協同組合が春から実施している環境復元のための施策は功を奏するのだろうか。

 野尻湖(長野県上水内郡信濃町)の野尻湖漁業協同組合ではソウギョによる水草の食害を食い止めるため、ソウギョの根絶を目指している。20年ほど前から賞金をかけて採捕を呼び掛けていたが、2016年春からは予算を拡大し1メートル以上の個体であれば1万円を進呈すると賞金額を引き上げた。ネットでは高額賞金のインパクトもあって話題になった。

野尻湖 ソウギョはコイ目コイ科に分類され鯉によく似ている(画像は野尻湖漁業協同組合より)

 ソウギョはコイ目コイ科ソウギョ亜科に分類される中国原産の淡水魚。1878年以降に食糧難の解決のために日本に導入され、利根川水系をはじめ全国で放流された。水草を食害することもあり、環境省により要注意外来生物に指定されている。

 「野尻湖に関する水草帯の復元と保全手法に関する検討」によると野尻湖は、1970年代に高度経済成長の影響や外来植物の侵入により、水草が船の運航を妨げるほど繁茂してしまい、その駆除目的で1978年にソウギョを5000尾ほど放流されたとある。当初はゆっくり水草が減少し、ソウギョ自体も寿命で数を減らすと見られていたが、3年で水草は食べつくされ、水草に産卵する生物の減少や水質汚染など生態系に深刻な影響を与えてしまった。ちなみにソウギョの寿命は一般的に10年ほどといわれているが、野尻湖が住みやすかったのか大幅に寿命を更新している。

 野尻湖の生態系復元にはソウギョの根絶が必須と、現在の漁業協同組合は地道だが確実な釣り人の手助けを求めた。「今年は3本届け出があって賞金を渡した」と取材に答えてくれたのは代表理事組合長の石田和夫さん。大型化してしまったソウギョを釣り上げるには時間を要するため、偶然かかっても途中で糸を切ってしまう釣り人も多いという。賞金はこうした放棄されるルアーや釣り糸を湖底に残さないためでもある。

野尻湖 野尻湖漁業協同組合のサイト

 ソウギョはその生態から野尻湖では繁殖しないため、現在生息している個体は38年前に放流された生き残りということになる。漁獲したソウギョを確認・計測する野尻湖ナウマンゾウ博物館の担当者によると、現在野尻湖には採捕や自然死で数を減らしたとはいえ、100尾から200尾ほどのソウギョが生き残っているのではないかと推測されている。

 賞金は野尻湖で釣り上げたソウギョが対象。釣り上げた場合は前述した博物館(026-258-2090)に連絡が必要で、引き取ったあとは生態調査のデータ蓄積に役立てたのち、標本にしたり土に埋めたりして処分されている。なお、賞金は年10尾限定で、それ以上は賞金が出ない。

 これからの季節は水温が低くなるためソウギョの活動も鈍くなり、徐々に釣れなくなるという。野尻湖はブラックバスなどの外来魚全てを駆逐するのではなく、あくまでも豊かな水草の復活を目指している。豊かな水草は豊かな生態系につながる。最近は長年の活動が実り、エリアによっては少しずつ水草が増えてきているそうだ。釣り人にも優しい1970年以前の野尻湖に戻る日は近いのかもしれない。

野尻湖 野尻湖漁業協同組合のお願い

関連キーワード

釣り | 寿命 | 汚染 | 駆除 | 環境省


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/10/news007.jpg 師匠「殺すつもりで来い」→ 師匠オオォォオオーーッッ! 漫画でよく見る“修行あるある”で起こった悲劇に涙が止まらない
  2. /nl/articles/2104/09/news130.jpg JTBの新バーチャルサービスが初代PSレベルで視聴者騒然 「ファイナルソードの続編?」「核戦争後の東京」
  3. /nl/articles/2104/09/news141.jpg “ほぼ新車”の「R32 GT-R」が発掘 お値段もヤバすぎる奇跡の1台
  4. /nl/articles/2104/10/news005.jpg 文鳥が鏡に「ふーっ」と息を吹きかけると…… 文鳥の吐息でできた“世界一かわいいくもり”がいとおしい
  5. /nl/articles/2104/10/news024.jpg マリエの出川哲朗ら巡る告発にマセキ「お騒がせしているような事実はない」 芸能界の枕営業疑惑にひろゆき、武井壮らが独自見解
  6. /nl/articles/2104/09/news101.jpg 「釜の中の3合の線って米用じゃなくて水用だったんすね…」 炊飯器の使い方を知らなかった一人暮らし初心者が話題に
  7. /nl/articles/2104/09/news042.jpg 若手女優の登竜門「ポカリスエット」新CMに15歳の中島セナ CGなしの超大型“動く”セット爆走で綾瀬はるか、川口春奈に続く
  8. /nl/articles/1909/15/news021.jpg どの「R」か、わかる? 歴代GT-Rの「テールランプ」を再現した豆皿セット登場、丸も四角もあるよ
  9. /nl/articles/2104/09/news074.jpg 「銃口からチャーハンが飛び出す」 コロプラ「アリスギア」でゲーム史に残りそうなシュールバグ発生中
  10. /nl/articles/2008/29/news029.jpg 「読めないくらい最悪」 柏木由紀、グラビア動画へのセクハラコメントに怒り「人に言えないことは書かないで」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声