ニュース
» 2016年10月20日 16時35分 公開

世界的DJポーター・ロビンソンとA-1 Picturesが合作 「Shelter」のアニメMVに涙を禁じ得ない

「アイドルマスター シンデレラガールズ」のスタッフらが制作。

[はためく惑星,ねとらぼ]

 アメリカの世界的DJ・ミュージシャンとして知られるポーター・ロビンソン(Porter Robinson)さんが、日本のアニメ制作会社A-1 Picturesと制作した「Shelter」のアニメーションMV(ミュージックビデオ)を10月19日、YouTubeで公開しました。映像は、VR(仮想現実)世界を1人で創造する少女を描いたSF短編物語となっています。

DJポーター・ロビンソン×A-1 Pictures「SHELTER」MV ポーター・ロビンソン×A-1 Pictures制作のアニメーションMV「SHELTER」 (画像は公式サイトより)

ポーター・ロビンソン「Shelter」MV VRの世界を1人きりの小部屋で作る少女の物語(画像はYouTubeより)

 ポーターさんはノースカロライナ州出身。2010年リリースの「Say My Name」で世界的な注目を浴び、2013年の1stアルバム「Worlds」は全米チャート18位に。24歳にしてエレクトリック・ミュージック界を牽引(けんいん)するアーティストです。また、彼は日本のアニメ・ゲームの愛好家としても知られ、これまでも楽曲、VJ、MVなどでオタクカルチャーを取り入れたり、海外のパーティーで何食わぬ顔でアニソンをかけたりしています。

 新曲「Shelter」は、ポーターさんが自身の盟友であるフランスの若き音楽プロデューサー・マデオン(Madeon)さんとコラボし、今年8月に発表したもの。MVの脚本はポーターさん自ら書き下ろしたもので、歌詞も物語に沿って作られています。

 アニメーション監督は赤井俊文さんが担当。キャラクターデザインは河野恵美さんで、ともにテレビアニメ「アイドルマスター シンデレラガールズ」に携わったスタッフです。美術は「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」「屍者の帝国」など数多くの背景を手掛けた竹田悠介さん。主人公・凛の声を演じるのは声優・歌手として活躍する三澤紗千香さんです。


ポーター・ロビンソン「Shelter」MV 主人公・凛はVRシミュレーターの小部屋で暮らす少女(画像はYouTubeより)

 物語の舞台はVRシミュレーターとなっている小さな部屋。17歳の少女・凜は、VR空間を操作するタブレット端末を手にこの部屋で目覚めます。1人きりで目を覚ました彼女は、自分が誰であるのか、なぜここにいるのかも覚えていません。外界から隔離された部屋で彼女は、タブレットを操作してVR空間に美しい草原や森・山などを作って暮らします。

 しかし、ある出来事がきっかけで彼女は記憶の一部を思い出し、そこから部屋の外の世界や自分の過去について関心を強めるように。

ポーター・ロビンソン「Shelter」MV タブレットで絵を描くと、VRに色鮮やかな世界が出現(画像はYouTubeより)

ポーター・ロビンソン「Shelter」MV VRの世界で自由に暮らす凛(画像はYouTubeより)

 ある日、凜はついに自分の過去と、本当の世界に出会います。そこには、なぜ自分がこの部屋にいたのか、なぜずっと1人だったのかという疑問への答えがありました。物語の結末は、ぜひ自身の目で確かめてください。非常に心をえぐるような内容でありながらも、ポジティブなメッセージを含むものとなっています。

甦る世界 明らかになる真実(画像はYouTubeより)

ポーター・ロビンソン「Shelter」MV 記憶の中の男性、その正体は……(画像はYouTubeより)

ポーター・ロビンソン「Shelter」MV 結末は自分の目で(画像はYouTubeより)

 このMVには公開直後から、アメリカのチップチューンバンド・Anamanaguchiや、ダンスミュージックのアカペラカバーで知られるPentatonixのミッチ・グラッシ(Michael Grassi)さんらアーティストから反響があり、日本でも「観たら普通に泣いてしまった」「鳥肌が立ちすぎてやばい」「1クールで観たい」といった声があがっています。

 また、このMVはエモーショナルな物語に感受性の強いオタクであればあるほど心に刺さってしまうようで、リスナーからは「オタクでよかったわ」「エモみとオタみの最上級」「shelter聞いて崩れ落ちる」といった声も。うん、めっちゃ分かる。


 楽曲「Shelter」は、現在SpotifyやApple music、Google Playなどでストリーミング配信されている他、iTunes Storeでダウンロード販売中です。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」