ニュース
» 2016年10月21日 18時17分 公開

エミネム、ドナルド・トランプを思いっきりdisりまくる新曲公開 8分間毒舌ギュンギュン!

純度100%のディスリスペクト。

[城川まちね,ねとらぼ]

 米ラッパーのエミネムが10月19日(現地時間)、自身のSNSで新曲の「Campaign Speech」を先行公開しました。「心配すんな、いまアルバム作ってるとこだ! これでも聴いといて」とコメントが添えられたこの新曲にファンは歓喜。既に500万回以上再生されています。

カッコイイ……

 8分近くにもおよぶ同曲は、これぞエミネムの十八番ともいえるゴリゴリのアグレッシブなラップからスタート。曲中でエミネムは、米大統領選共和党候補のドナルド・トランプを「俺は危険な男、でもこのゲスな候補者には気を付けろ」と痛烈に批判。さらに「手を核のボタンの上に乗せてる」「何も考えてない」負け犬と呼び、「問題には何も答えないってのは……すげえいいアイデアだな!」と皮肉をきかせています。純度100%のディスリスペクト。


エミネム新曲「Campaign Speech」公開 エミネムは丸くなんてならない(画像はエミネムのInstagramから)

 以前から大統領候補として賛否両論があったトランプですが、女性蔑視の発言などで急速に不支持者が目立つ格好に。米歌手のブルース・スプリングスティーンはトランプを「大馬鹿野郎」と批判、米俳優ロバート・デ・ニーロは「顔を殴りたい」とまで発言しています。

Trump Temptation: The Billionaire & The Bellboy 以前Amazonでベストセラーになったドナルド・トランプ氏が登場するゲイ小説「Trump Temptation: The Billionaire & The Bellboy」

 2004年にエミネムがアルバムのリリースとシリウスXMラジオチャンネルスタート記念のパーティーを催した際、サプライズで登場したトランプは「俺はドナルド・トランプだからいつも正しい。スリム・シェイディ(エミネムの別人格とされる)は勝つ」とエミネムを支持するスピーチをしていました。それから12年がたち、2人の関係はがらりと変わってしまったのでしょうか。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン