ニュース
» 2016年10月24日 09時00分 公開

スマホでリアルに600mスクロールする狂気の企画「あごだしチャレンジ」再び 昨年より200m延長する暴挙に

距離が伸びた理由は「ウィキペディアに書いてあったから」。

[たろちん,ねとらぼ]

 スマホを本当に400メートル分スクロールさせないと応募できないとして昨年話題になった「あごだしチャレンジ」(関連記事)。おそらく世界最長のスマホサイトを使ったあの狂気のプレゼントキャンペーンが今年も開催されます。今度は200メートル増量の全長600メートルです。無茶しやがって……。

あごだしチャレンジ ガチで600メートル分スクロールします

 トビウオを原料とする「あごだし」の商品に力を入れている久原醤油が開催するもので、応募者の中から毎日1人に6万円が当たるというキャンペーン。ただし応募フォームは600メートルあるページの最下部に用意されているため、めちゃくちゃスクロールしないとたどりつけない仕様になっています。その距離iPhone7換算で約6000画面分。時間にすると大体40分〜1時間くらいかかるというえげつなさです。

あごだしチャレンジあごだしチャレンジ 距離ごとに豆知識なども表示されます

あごだしチャレンジ 尋常じゃなく長い

 距離が600メートルなのは「トビウオの飛行距離」にちなんだもの。ちなみに昨年は400メートルだったのになぜ600メートルになったかというと、ウィキペディアに「大型のものであれば600メートル程度滑空するものがある」と書いてあったからだそうです。ウィキ読んだくらいでそんな大幅な改変するなよ! 指ぶっ壊れるわ!

あごだしチャレンジ まさかの「ソースはウィキ」

 開催期間は10月24日から11月2日までの10日間。昨年は25万人が挑戦したものの脱落者が続出したとのこと。ライバルが減る分、指の強い方にとっては当選のチャンスも増えるかもしれませんが、途中でうっかりページを閉じたり移動してしまうと最初からやり直しになるためくれぐれもご注意ください。

たろちん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/12/news019.jpg トイレから戻ったら「猫がオンライン会議してた」 真剣な表情で参加するエリート猫ちゃんがかわいい

先週の総合アクセスTOP10