ニュース
» 2016年10月24日 17時20分 公開

「そっちでもう、かべさんに会えましたか?」「あぁ本当に淋しい…」 肝付兼太さんを悼む声、後輩声優から続々

肝付さんを師匠と仰ぐ山口勝平さんや、デビューのころからお世話になっていたという井上和彦さんら声優仲間がコメントを発表しています。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 10月20日に死去した声優の肝付兼太さんをしのぶ声が、声優仲間や関係者らから多数あがっています。

亡くなった肝付兼太さん 肝付兼太さん(81プロデュース公式サイトより)

 肝付さんは1954年に俳優としてデビュー。ラジオドラマに出演したのをきっかけに声優を志し、「オバケのQ太郎」(1965年)のゴジラ役、日本テレビ版「ドラえもん」(1973年)のジャイアン役など藤子不二雄作品の常連に。中でもテレビ朝日版「ドラえもん」(1979年〜)で26年務めたスネ夫役は当たり役となりました。ほかにも、「銀河鉄道999」の車掌さん、「ドカベン」の殿馬、「天才バカボン」のおまわりさんなど、幅広い役をこなし世代を超えて親しまれました。

 Twitterでは、肝付さんを師匠と仰ぐ山口勝平さんが「覚悟はしてても、思いがけないさよならだったから今でも信じられないけれど、今日までホントにありがとうございました」と感謝の言葉をツイート。肝付さんは山口さんの芸名の名付け親でもあります。

肝付さんから芸名をもらった山口勝平さんのツイート 山口勝平さんのツイート

 一方、「クリィミーマミ」で共演経験がある水島裕さんは「あの独特な声で、ニコニコしながら『裕ちゃ〜ん、一週間、元気にしてた?』と話しかけてくれたものでした」と肝付さんの気さくさに言及。「うる星やつら」でデビュー時に共演した金丸淳一さんは「カラスをのせて走る高校生役を演じさせて頂いた時に、そのカラス役は肝付さんでした」と思い出話を披露しました。

 また、つい最近収録現場で「じゃじゃまる」の生の演技を目の当たりにしたという津久井教生さんは「今までたくさんの収録や舞台でご一緒させていただいて、楽しい思い出しかありません」とツイート。さらに、肝付さんが殿馬の役を担当した「ドカベン」が初共演だったという古川登志夫さんも、突然の訃報に驚きを隠せない様子。後輩たちからいかに親しまれていたかが伝わってきます。


ADAKEN


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」