ニュース
» 2016年10月27日 17時00分 公開

“はじめまして、私が殺人犯です” 藤原竜也、映画「22年目の告白」での“逆キラ”感がやっぱり強そう

私が殺人犯です(殺人犯じゃない)パターン?

[深戸進路,ねとらぼ]

 2017年6月10日公開予定の映画「22年目の告白−私が殺人犯です−」。同作で主演を務める藤原竜也さんが不敵な笑みを浮かべるポスタービジュアルに加え、初解禁となる映像が公開されました。今回の藤原さんは「キラ」と真逆……?

映画「22年目の告白−私が殺人犯です−」トレイラー
22年目の告白 藤原竜也 公開されたポスタービジュアル

 阪神大震災や地下鉄サリン事件など世の中が混沌(こんとん)としていた1995年に起きた5件の連続殺人事件。未解決のまま時効を迎え、その22年後(2017年)に事件の犯人と名乗る男が“殺人手記”の出版記者会見を開き、一躍時の人となっていくストーリー。韓国で2012年に公開された映画「殺人の告白」を日本社会の世相などを反映しリメイクした内容となります。

 公開された最新映像では、藤原さん演じる凶悪殺人犯・曾根崎雅人(そねざきまさと)が記者会見の場で、「はじめまして、私が殺人犯です」と衝撃発言をするシーンが。頭のキレる知能犯の雰囲気が漂いますが、同じく殺人犯を演じた「デスノート」とは違い、今回は序盤から犯人として世に出るという異質な役柄。これは孔明のわなか何かなのか……?

22年目の告白 伊藤英明 伊藤さん演じる刑事・牧村

 また、ダブル主演となる伊藤英明さん演じる刑事・牧村航が、曽根崎をにらむように見つめる姿も。かつて犯人のわなで敬愛する上司を殺された牧村の心情があらわになっているようです。

 同作の監督は「SR サイタマノラッパー」「ジョーカー・ゲーム」で知られる入江悠さん。36歳にして数々の映画賞を受賞した若手監督と、個性派俳優2人の化学反応に期待が高まります。

(C)2017 映画「22年目の告白−私が殺人犯です−」製作委員会

関連キーワード

殺人 | 告白 | 映画 | デスノート


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」