ニュース
» 2016年11月01日 09時14分 公開

世界最大、全高4.4メートルのアーケード筐体が約1000万円で販売中 二重の意味で手が届かない

どこに置くか以前に、でかすぎて操作できないよ!

[沓澤真二,ねとらぼ]

 世界最大のアーケードゲームマシンとしてギネス世界記録に輝いたレプリカ筐体が、海外サイトで販売されています。サイズは横幅約1.9メートル、奥行き約1メートル、高さ約4.4メートル。操作パネルまでの高さだけでも2メートルほどありそうで、まともに遊べる気がしない。


筐体 高さは一般的成人男性の2倍以上。日本の家屋にはまず搬入できないし、そもそも手が届かない!

 紹介動画を見ると、あらためてサイズの異様さが分かります。モニターは80型ワイドの大画面。入力デバイスとしてスティックと6つのボタンが2組と、トラックボールが搭載されているのですが、こちらも極大。ボタンは「ポップンミュージック」のようなサイズですし、トラックボールは子どもの頭ほどあります。開発者すら下から手を伸ばしてやっと操作する始末で、「勢いで大きいの作っちゃった」感がすさまじい。


動画が取得できませんでした

サイズ感 サイズ感がおかしい

届かない 背伸びしてやっとスティックに手が届く

投入口 巨大なコイン投入口も備えられていますが、残念ながらダミーだそうです

 内蔵のWindowsPCに、約250タイトルのオールドゲームをプリインストール。PC用の最新ゲームも遊べるそうです。XboxやWii、プレイステーションのゲームも動作すると説明されていますが、エミュレートするのか、各ハードを別個に内蔵しているのかは明らかにされていません。


センチピード アタリの「センチピード」

スト1 カプコンの「ストリートファイター」や「戦いの挽歌」など、日本のゲームも

 サイズもさることながら、価格も9万9000ドル(約1037万円)とビッグすぎるこの筐体。身長と住環境と財力に自信のある人なら……と一瞬思いましたが、そもそも体格面のハードルが高すぎますね!


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン