ニュース
» 2016年11月01日 14時45分 公開

ついにか……! アニメ「虐殺器官」が2017年2月に劇場公開決定

2014年のプロジェクト開始から約3年。長かった……!

[はためく惑星,ねとらぼ]

 2009年に34歳の若さで亡くなったSF作家・伊藤計劃(いとう・けいかく)さん原作のアニメ映画「虐殺器官」が、2017年2月3日に劇場公開されることが明らかとなりました。あわせて「Project Itoh」の公式サイトもリニューアルし、キャラクター原案・redjuiceさんによる描き下ろし新ビジュアルも解禁。

映画「虐殺器官」2017年2月3日公開決定 映画「虐殺器官」 新ビジュアル(以下、画像は「Project Itoh」の公式サイトより)

「虐殺器官」新特報映

 原作は伊藤さんの処女作。戦争やテロが激化した世界を舞台に、各地で紛争が起こる前に現れるという“虐殺の王”ことジョン・ポールを追うアメリカ情報軍所属のクラヴィス・シェパードを中心に物語は進行します。


 10月31日に開催された「第29回 東京国際映画祭(TIFF)」のアニメーション特別企画「TIFFアニ!!」では、同作のステージイベントも開催されました。イベントでは出演声優によるトークショーや映画本編冒頭約15分の上映が行われ、映像を見た参加者からは「やばい」「クオリティ高すぎ」「原作に忠実」「リアリティとか生々しさがすごい」といった感想が数多く上がっています。

映画「虐殺器官」ついに公開 画像はリニューアル前の公式サイトより

 同作の制作が発表されたのは2014年8月。当初は2015年の公開を予定していましたが、アニメ制作会社・マングローブが2015年10月に経営破綻し制作は中断(関連記事)。その後、フジテレビ系の深夜アニメ放送枠「ノイタミナ」のプロデューサー・山本幸治さんが新スタジオ「ジェノスタジオ」を設立し、メインスタッフを引き継いで制作が継続されました(関連記事)。

 「虐殺器官」は「屍者の帝国」「ハーモニー」に続くアニメ映画化作品で、伊藤さんの作品をアニメ化して世に残す「Project Itoh」の最終作品と発表されています。

(C)Project Itoh / GENOCIDAL ORGAN

関連キーワード

映画 | アニメ | アニメ化 | SF | 劇場版


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン