ニュース
» 2016年11月02日 19時45分 公開

見よ、この圧倒的ディテール! 牧歌的風景に立つワラ製「シン・ゴジラ」がTwitterへ続々投稿される

「ど〜んとががし祭り」の展示物とのこと。

[モリソウイチロウ,ねとらぼ]

 関(@longlongago_JPN)さんが福岡県朝倉郡筑前町の安の里公園で発見したワラ製シン・ゴジラの写真をTwitterに投稿。他の目撃者も続々とTwitterに同様の写真を投稿しています。

シン・ゴジラ製作中 シン・ゴジラの周囲に足場という斬新感 以下、画像提供は関(@longlongago_JPN)さん
チクゼンマチ対ゴジラポスター チクゼンマチがゴジラと戦うのか……

 このワラ製ゴジラ、実は筑前町で11月5日と6日に開催される「第12回ど〜んとかがし祭り」の展示物とのこと。後日、関さんが再度この場所を訪れるとテレビの撮影中。リポーターの女性と比較するとかなりの大きさであることが分かります。

リポーターとゴジラ ワラ製ゴジラのスケール感が一目瞭然
牧歌的ゴジラ 牧歌的に進撃するゴジラ

 Twitterには同様の投稿が数多く見られ、さまざまな角度からゴジラを収めた写真や、会場設営の人員として動員されているのか自衛隊とゴジラが一緒に写った写真、そして、体が赤く点灯するゴジラの姿などが見られました。


 筑前町の広報誌によると、このゴジラはふるさと納税で集まった寄附金と各種協賛により実現したもので、シン・ゴジラ製作への熱意の訴えが実を結び、映画会社の許可を得られたそうです。“筑前町地域おこし協力隊”の名前で製作過程の動画も公開されていました。

 複雑な曲線やパーツの数の多さ、皮膚の凹凸の再現などにこだわった、巨大わらかがしのシン・ゴジラは12月初旬まで筑前町の安の里公園で公開予定。夜間ライトアップは11月5日から12日の予定となっています。

筑前町 巨大わらかがし 9月25日


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」