ニュース
» 2016年11月02日 19時45分 公開

見よ、この圧倒的ディテール! 牧歌的風景に立つワラ製「シン・ゴジラ」がTwitterへ続々投稿される

「ど〜んとががし祭り」の展示物とのこと。

[モリソウイチロウ,ねとらぼ]

 関(@longlongago_JPN)さんが福岡県朝倉郡筑前町の安の里公園で発見したワラ製シン・ゴジラの写真をTwitterに投稿。他の目撃者も続々とTwitterに同様の写真を投稿しています。

シン・ゴジラ製作中 シン・ゴジラの周囲に足場という斬新感 以下、画像提供は関(@longlongago_JPN)さん
チクゼンマチ対ゴジラポスター チクゼンマチがゴジラと戦うのか……

 このワラ製ゴジラ、実は筑前町で11月5日と6日に開催される「第12回ど〜んとかがし祭り」の展示物とのこと。後日、関さんが再度この場所を訪れるとテレビの撮影中。リポーターの女性と比較するとかなりの大きさであることが分かります。

リポーターとゴジラ ワラ製ゴジラのスケール感が一目瞭然
牧歌的ゴジラ 牧歌的に進撃するゴジラ

 Twitterには同様の投稿が数多く見られ、さまざまな角度からゴジラを収めた写真や、会場設営の人員として動員されているのか自衛隊とゴジラが一緒に写った写真、そして、体が赤く点灯するゴジラの姿などが見られました。


 筑前町の広報誌によると、このゴジラはふるさと納税で集まった寄附金と各種協賛により実現したもので、シン・ゴジラ製作への熱意の訴えが実を結び、映画会社の許可を得られたそうです。“筑前町地域おこし協力隊”の名前で製作過程の動画も公開されていました。

 複雑な曲線やパーツの数の多さ、皮膚の凹凸の再現などにこだわった、巨大わらかがしのシン・ゴジラは12月初旬まで筑前町の安の里公園で公開予定。夜間ライトアップは11月5日から12日の予定となっています。

筑前町 巨大わらかがし 9月25日


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン