ニュース
» 2016年11月03日 16時40分 公開

PPAPブレイクは偶然じゃない? 1年半前に古坂大魔王が書いた「リズムネタ」考察ブログ、注目浴びる

リズムネタで受けるキモとは何かを、ピコ太郎がブレイクするずっと前に解説していた。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」のピコ太郎さんを一押ししてきたことで知られる、芸人の古坂大魔王さん。実はピコ太郎本人ではないかとうわさされていますが(棒読み)、その古坂さんがリズムネタで受けるには何が“キモ”となるか考察するブログ記事を2015年3月に公開しており、あらためてネットで注目を集めています。この1年半後にPPAPというリズムネタが世界を席巻するなんて、身をもって証明する姿に脱帽です。

PPAP リズムネタ ピコ太郎 古坂大魔王 古坂大魔王ブログ「ブログんだい魔くん!」のエントリ「古坂大魔王的リズムネタ考察(長文注意!)

 記事公開時はちょうど、「ラッスンゴレライ」や「あったかいんだからぁ」が流行していたころ。古坂さんはまず、リズムネタを面白くないと思ってしまう人がいる理由を解説します。

 1つは、世間には話芸しか認めない風潮があって、リズムネタは「話芸に劣る」と拒否反応を示してしまう人が多いということ。もう1つは、リズムネタは流行るスピードが速いということ。ネタに出てくる代表的なキーワードや仕組みを、ネタを見る前に人づてなどで耳にしてしまうと、初めてネタを見ても“ネタバレ状態”で面白さが半減してしまうのだそうです。

 そこでプロやリズムネタに否定的な人に納得してもらう上でキモとなるのが「信頼」と「芸」であると古坂さん。同職や目の肥えた人から「こいつは普段も面白いし何度もいろんな舞台を経験してるし、何より良いやつだし!」といった「信頼」があることが重要なんだとか。それがない新人は、声量や芝居力、顔、ネタの作り方や演じ方などの「芸」で補えるといいます。

 この2つを得るのは難しいですが、「僕は、『おもしろ良(い)歌』大好き! どんどんやって流行らせて擦って磨き上げて!」と古坂さんはリズムネタに挑戦することを奨励。また先入観やネタバレのないフラットな状態でネタを見てもらった場合、「『こいつ、何リズムに乗ってやってんの?どういう意味?』から始まって、ループされて意味がジワジワわかってきて…なぜか笑えてくる。それを、テンポ感やメロディなどのアレンジ力で爆笑に変えたりする」のが、リズムネタ本来の魅力であると力説していました。

PPAP リズムネタ ピコ太郎 古坂大魔王 実はPPAPというネタは、このブログ公開前にイベントで披露されていたもよう

 古坂さんは90年半ばから「底抜けAIR‐LINE」として「タモリのボキャブラ天国」で活躍するなど芸人としてのキャリアも長いです。ブログに対しネットでは「芸人としての信頼感に関してはまさにで、初めてPPAP(中略)を見かけた後にYouTubeで調べたらピコ太郎が古坂大魔王だった時の安心感はめちゃくちゃ大きかった」とコメントが寄せられています。

 このほか「1年前にこの宣言はかっこいい」「リズムネタの考察自体はよくあるけど、芸人当事者がブレイク前に書いたってのは貴重だな」「こんな深く考えていたのを見ると、ピコ太郎のブレイクも偶然とは思えなくなるな」など、PPAPのブレイク前にこのような考察を披露していたことに評価の声も多数あがっています。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」