ニュース
» 2016年11月05日 05時00分 公開

佐野史郎が最強最悪の敵「Dr.パックマン」に! 冬の新作「仮面ライダー」映画、予告編公開

演じるのは人類への復讐を誓うマッドサイエンティスト。佐野さんの怪演に期待!

[沓澤真二,ねとらぼ]

 俳優の佐野史郎さんが、12月10日公開の映画「仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー」に出演することが、新たに公開された予告編で明らかになりました。演じるのは最強最悪の敵「Dr.パックマン」こと財前美智彦。マッドサイエンティスト役を狂気的演技の得意な佐野さんにまかせるとは、ドンピシャ配役の予感。

5人ライダーのそろい踏みや、プロレスラー・棚橋弘至選手のアクションシーンも!

財前美智彦Drパックマン 佐野さんがまがまがしいマスクをかぶり、Dr.パックマンに

 財前は遺伝子医療の権威で、ある革新的なプロジェクトを進めながらも闇に葬られた経歴の持ち主。プロジェクトを再開すべく「Dr.パックマン」となり、「パックマンウイルス」を拡散して人類へ復讐します。「Dr.パックマン」が邪悪な「ゲノムス」となった姿も公開されており、佐野さんの貴重な「変身」が見られそうです。


ゲノムス さらに「ゲノムス」へ変身!

 大森敬仁プロデューサーは、「最強であり最悪であるドクターの存在感を求めて」佐野さんにオファー。「命を左右する存在であるドクターのゆがんだ内面を絶妙に表現していただいています」とコメントしています。

 シリーズ初出演となった佐野さんは、「マッドサイエンティスト財前役は演じていて俳優冥利に尽きました」と喜びのコメント。「劇中、『あのときの高校生が仮面ライダーになるとはな』というせりふがあるのですが、私が高校生のときに仮面ライダー1号が登場したときのことが思い出され、『あのときの高校生が仮面ライダーに出るとはな』という自分へのメッセージでもありました」と、「仮面ライダー」への思いを語っています。

(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 (C) BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」