ニュース
» 2016年11月05日 05時00分 公開

佐野史郎が最強最悪の敵「Dr.パックマン」に! 冬の新作「仮面ライダー」映画、予告編公開

演じるのは人類への復讐を誓うマッドサイエンティスト。佐野さんの怪演に期待!

[沓澤真二,ねとらぼ]

 俳優の佐野史郎さんが、12月10日公開の映画「仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー」に出演することが、新たに公開された予告編で明らかになりました。演じるのは最強最悪の敵「Dr.パックマン」こと財前美智彦。マッドサイエンティスト役を狂気的演技の得意な佐野さんにまかせるとは、ドンピシャ配役の予感。

5人ライダーのそろい踏みや、プロレスラー・棚橋弘至選手のアクションシーンも!

財前美智彦Drパックマン 佐野さんがまがまがしいマスクをかぶり、Dr.パックマンに

 財前は遺伝子医療の権威で、ある革新的なプロジェクトを進めながらも闇に葬られた経歴の持ち主。プロジェクトを再開すべく「Dr.パックマン」となり、「パックマンウイルス」を拡散して人類へ復讐します。「Dr.パックマン」が邪悪な「ゲノムス」となった姿も公開されており、佐野さんの貴重な「変身」が見られそうです。


ゲノムス さらに「ゲノムス」へ変身!

 大森敬仁プロデューサーは、「最強であり最悪であるドクターの存在感を求めて」佐野さんにオファー。「命を左右する存在であるドクターのゆがんだ内面を絶妙に表現していただいています」とコメントしています。

 シリーズ初出演となった佐野さんは、「マッドサイエンティスト財前役は演じていて俳優冥利に尽きました」と喜びのコメント。「劇中、『あのときの高校生が仮面ライダーになるとはな』というせりふがあるのですが、私が高校生のときに仮面ライダー1号が登場したときのことが思い出され、『あのときの高校生が仮面ライダーに出るとはな』という自分へのメッセージでもありました」と、「仮面ライダー」への思いを語っています。

(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 (C) BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する