ニュース
» 2016年11月06日 09時00分 公開

夜になるとこっそり現れる? 美術館の絵が動き出すプロジェクションマッピング動画がステキなファンタジー世界

「ナイトミュージアム」や「トイ・ストーリー」のようなワクワク感!

[宮原れい,ねとらぼ]

 ギャラリーに展示された絵が動き出すプロジェクションマッピング映像がVimeoで公開されています。子どものころに夢みた世界が現実に……!



 ギャラリーではいくつかのシンプルな絵が飾られていて、一枚の「サル」の絵が少し暗い室内でライトアップされています。すると、そのキャンバスの上から消しゴムくらい小さな「ヒト」が登場。そこから綱を下ろし、サルの近くまで行ってなにやらスプレーで落書きをし始めます。投影された映像だと分かっていても驚くくらいのリアリティーです。


プロジェクションマッピング 美術館 ギャラリー 動く 絵 サル 右側のサルの絵に注目(Vimeoより)

プロジェクションマッピング 美術館 ギャラリー 動く 絵 サル 上から小人が……!(Vimeoより)

 そこからはサルとヒトとの室内全体を使った追いかけっこがスタート。ヒトは展示された飛行機や車の絵にスプレーで色を付けて乗り込み逃走し、サルも太鼓の絵を使ってジャンプしたりなど、思わず「おお!」と漏らしてしまうような展開で面白いです。爆発のエフェクトや、それらに合わせた効果音や声なども付いていて迫力も十分。


プロジェクションマッピング 美術館 ギャラリー 動く 絵 サル 展示から抜け出しての追いかけっこ(Vimeoより)

プロジェクションマッピング 美術館 ギャラリー 動く 絵 サル 登場人物は少ないものの、飽きさせない展開が続きます(Vimeoより)

 制作したのは、以前から実験的なプロジェクションマッピングを企画しているベルギーのアニメーションスタジオ「Skullmapping」。監督はFilip Sterckx氏で、今回の映像のアニメーションも制作しています。映像投影はプロジェクターと一体型になった再生コントロール機材「ミラーヘッド」や「MDC-X」を使用しているとのこと。

 ギャラリーには子どもから大人までが集まって鑑賞し、最後にサルがスプレーの色が付いたまま元のキャンバスの位置に戻ると、みんな笑顔で拍手をする姿が映されています。


プロジェクションマッピング 美術館 ギャラリー 動く 絵 サル 最後に元の位置に戻るサルさんがかわいい(Vimeoより)

(宮原れい)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」