ニュース
» 2016年11月06日 20時00分 公開

ボロボロだった猫ちゃんがもっふもふに! 路地で発見され奇跡的に回復

猫ちゃんに幸運を。

[宮原れい,ねとらぼ]

 以前はやつれてボロボロだった猫ちゃんが、現在もっふもふで元気な姿をSNS上で見せています。名前はジョン・スノー(オス)で、2016年6月に韓国の路地で発見され保健所に持ち込まれました。

大変身(Instagramより)


猫 ボロボロ もふもふ 保健所 回復 ジョン・スノー レイチェル・ブラウン 発見された時の様子(Facebookより)

 現在の飼い主であるレイチェル・ブラウンさんは、ジョンが持ち込まれた2日後にネット上の保健所リストで知り、引き取ることを決意。飢えによる衰弱と脱水、さらに重度のかぜ(上気道感染症)の状態で、治療は大変だと言われながらも次の日にはもらい手となり、獣医に彼を連れて行きました。



 検査すると、ジョンは猫コロナウイルスや猫ヘルペスウイルスなどの感染症にもかかっていることがわかり、さらに獣医によって死亡率が高いとされる猫伝染性腹膜炎(FIP)を発病している可能性が高いことを知らされます。それでもレイチェルさんは安楽死ではなく治療の継続を選び、ジョンは病院に入院。その後5日間で奇跡的に病状は徐々に改善し、FIPは(ウイルスは保有しているものの)発症はしていない状態だったことも分かって、6日目には自宅へ連れて帰れるまでに回復しました。




 それからは家で薬による治療を続け、今では遊ぶのが大好きな元気な猫ちゃんとしてレイチェルさんと一緒に暮らしています。現在のジョンの様子はInstagramなどに投稿され、ふわふわで雪のように白くりりしい姿を披露してくれています。

見違えました(Instagramより)






猫 ボロボロ もふもふ 保健所 回復 ジョン・スノー レイチェル・ブラウン いまではこんなにもっふもふ!(Instagramより)

(宮原れい)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた