多摩美学祭、佐野研二郎氏の葬儀パフォーマンスに批判 実行委員「事前に承知していたものではない」

「皮肉の域を超えている」などの批判が相次いでいる。

» 2016年11月07日 14時30分 公開
[Kikkaねとらぼ]

 11月6日に行われた多摩美術大学「美術学部 芸術祭 in 八王子」において、東京五輪のエンブレム騒動で物議をかもしたデザイナー・佐野研二郎氏(同大の教授で現在休職中)の葬儀を模したパフォーマンスが行われ、波紋を呼んでいる。


多摩美術大学 Twitterに多数投稿された葬儀を模したパフォーマンス(加工は編集部によるもの)

 Twitterに投稿された画像や投稿によると芸術祭当日、佐野氏の遺影らしきものを持った男ら数人がひつぎを模した箱を運搬したほか、葬儀を模したパフォーマンスを行ったという。

 投稿された画像の中には、位牌らしきものをもった男らがハンカチで目頭を押さえる姿や、僧侶の衣装をまとった男が仏具を手に、ひつぎに膝まづいている様子も確認できる。

 当然のことではあるが佐野氏は存命中であり、パフォーマンスには「不謹慎」「皮肉の域を超えている」などの批判が相次いでいるほか「真面目に作品作ったりして芸祭を盛り上げようとしていた学生がいたことを忘れないでほしい」という意見も寄せられている。

 あらためてパフォーマンスの詳細について確認してみると、佐野氏がデザインをして物議をかもした五輪エンブレム(のちに別のデザインに変更)を使用した小道具、佐野氏が所属するデザイン会社「MR_DESIGN」のロゴを使用した小道具も用意されていたことから、相当な時間をかけて準備されたものだと考えられる。


多摩美術大学 組織委が公開した、佐野氏による「原案」(画像は発表されたエンブレムデザインを元に編集部で作成したもの)

 大学側は編集部の取材に対して「事案は把握しており、現在調査中である」と回答。同芸術祭を運営していた芸術祭実行委員の1人は「大学側も委員会も、事前に承知していたものではない」とパフォーマンスがゲリラ的に行われたことを認めた。

 また一部で囁かれている「大学とは関係のない外部の人間によるパフォーマンスでは」という疑惑については「調査中である」とした。

 さらに日本の伝統仏教界における唯一の連合組織・全日本仏教会は、今回の取材申し込みによって状況を把握したと回答。「それぞれの宗派により『なじむ』『なじまない』といった見解があると思われるため、現状はコメントを差し控えたい」としたが、今後状況を確認し、必要であれば何らかの措置をとる可能性もあるという。なお佐野氏の所属会社にも取材を申し入れたが「取材は一切受け付けていない」とのことで、回答は得られなかった。

(Kikka)

関連キーワード

芸術 | 五輪エンブレム | 批判 | 葬儀 | 佐野研二郎


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」