「真田丸」振り返り4コマ(11月6日放送分『築城』)

「真田丸」ようやくお披露目。さすが真田、えげつない!!

» 2016年11月08日 12時35分 公開
[シミルボン]

 自称プロの真田幸村ファン、みかめです。

 NHK大河ドラマ「真田丸」振り返り4コマ、今回は第44話の「築城」から。

NHK大河ドラマ「真田丸」振り返り4コマ

 さすが真田、えげつない!!

 44話をかけた壮大なタイトル回収にてようやくお披露目となった「真田丸」。幸村がこれまで得たもの全てをつぎ込んだ人生初めての城は「殺る気」に満ち満ちていました。幸村より先に出城を築くと申し出ていた後藤又兵衛もこれにはニンマリ。あっさり場所を譲ります。又兵衛をうならせた幸村の真田丸必勝プランとは……。

 まずは巨大な堀を造り、乱杭&逆茂木を設置します。「真田丸」では一部水堀になっていますが、土の城は空堀がスタンダード。さらに乱杭&逆茂木でバリケードを作り徳川方の進軍を阻みます。その辺にある木が使える上に特別な技術がいらないから効率がいいね!

 そして堀の中の溝! 幸村が言うように堀の中では身を屈める兵も溝からはい出るときは体を無防備にさらします。そこが狙い時! 敵がよじ登っている間にゆっくり狙いを定めよう!

 そして敵を誘導するために用意した一本道。ここに兵が集中すれば渋滞になって思うように進軍できません。兵が一点に集中することで「線」で守るのではなく「点」で守ることができ寡兵でも効率よく敵を倒せます!

 さらにさらに! この一本道に幾重にも堀切を設けています。敵は何回も堀を登らねばならず、そのたびに鉄砲に狙われるという…! えげつない、えげつないぞ真田丸!

 このころのお城のスタンダードといえばしっくいの荘厳な天守! 美しく積まれた石垣!

 一方、溝を掘って木をデコっただけの地味な印象の真田丸。「仕寄せ」の作り方が分からない、戦争を知らない子供たちが舐めプをしてしまうのも致し方のないことです。

 さて、今回取り上げる書籍は「ふぅ〜ん、真田丸」です。

ふぅ〜ん、真田丸

 思いっきり自著の宣伝で申し訳ありません(笑)。

 世代の方にはタイトルが「風雲!た〇し城」をもじったものだとお気付きになられたことでしょう。分からない若い方は親に聞こうね! 土の城の威力を知らない二代目、た〇し城を知らない平成世代……何となくシンクロしませんか?

 な〜んて冗談はさておき、本書はギャグの中にまじめなネタを仕込みました。真田丸の形状は「真田丸」とは異なりますが、「逆茂木」や「障子堀」を描き込み、第44話で幸村が示した必勝プランの大まかなところを押さえたつもりです。大河ドラマとは違ったテイストの幸村をぜひご堪能ください。

 「真田丸」振り返り4コマは毎週火曜日更新予定です。次回もどうぞお楽しみに!

ドラマに登場する真田丸が、なぜあのような形に設定されたのか、知りたい方はこちら…↓

12月23日 トークイベント「信繁と幸村の2016年をふり返る」

第1部「今こそ語りたい第2次上田合戦と大坂の陣」…西股総生(『真田丸』軍事考証役)

 〜 コース番号 C2021−098 入場料:1000円

第2部「サブカルで楽しむ歴史とドラマ」…西股総生・みかめゆきよみ・磯部深雪

 〜 コース番号 C2022−098 入場料:500円

日時:12月23日 14時から15時/15時30分から17時

場所:新宿クラブツーリズム(西新宿駅前・新宿アイランドウィングビル)

「真田丸」軍事考証役西股総生先生による、真田丸の構造や「全部こんな感じ」の昌幸兵法書を読み解くトークイベントです。ぜひご来場ください!


みかめゆきよみ


シミルボン

関連キーワード

4コマ漫画 | NHK | 大河ドラマ | 書籍


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  3. 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  4. 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  5. 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  6. 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  7. 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  8. 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  9. 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  10. 「妹が入学式に着るワンピース作ってみた!」 こだわり満載のクラシカルな一着に「すごすぎて意味わからない」「涙が出ました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」