ニュース
» 2016年11月14日 13時58分 公開

市長、パンチハメのお時間です 「ファイナルファイト」TASが新テクニックを引っ提げタイム更新

何もない空間で膝蹴りをしてダメージを与えるコーディー。

[コンタケ,ねとらぼ]

 アーケード版「ファイナルファイト」のTAS(ツール・アシステッド・スピードラン)が更新されました。従来とは違うボスの倒し方や、見たことのないテクニックが登場しています。クリアタイムは13分31秒15。今日もまた、パンチハメでメトロシティが救われる。


ファイナルファイトTAS動画

 「ファイナルファイト」は、1989年にカプコンが発売したベルトアクションゲーム。悪の組織「マッドギア」に支配された米国の架空の都市メトロシティの市長「マイク・ハガー」が、さらわれた娘を助けるため直接乗り込み暴力で全てを解決するという大変バイオレンスなゲームです。アーケードゲームとしてリリースされ、その後さまざまなハードに移植されました。

 今回のTASでの使用キャラは、コーディーとハガー。プレイが始まると、例によって2人共後ろジャンプでぴょんぴょん跳ねながら進んでいきます。これが作中で一番速い移動方法となっており、多くの敵を無視して進めます。ファイナルファイトTASのいつもの光景ですね。


ファイナルファイト TAS 後ろ向きにぴょんぴょん。

 攻撃は基本的に“パンチハメ”。本来ハガーは3回、コーディーは4回攻撃を当てると敵がダウンしてしまうのですが、ハガーは1回、コーディーは2回攻撃を当てたところで後ろを振り向いてわざと1度攻撃を空振りすることで、敵をダウンさせずに体力が0になるまでハメられるというテクニックです。


ファイナルファイト TAS ハガーがパンチハメをしているところ。わざと空振りする必要がある

 ただしこのパンチハメも進化しており、ところどころ空振りすることなくパンチハメをしている場面があります。これは、例えばコーディーは特定の状況下では3発目のブローのグラフィックが表示される前に再度攻撃を入力することで1・2発目のジャブを出し続けられるなど、複数の方法があるようです。さまざまなパンチハメのなかから、その場面で最も効果的なハメ方を選択しているもよう。


ファイナルファイト TAS 途中まで空振りなしでハメられる1面のボス・ダムド

 従来はパンチハメで倒していた2面のボス「ソドム」(「ストリートファイターZERO」シリーズの「ソドム」と同一人物)は、本人が落とす剣を2人で振り回す戦術に変更されています。「ソドム」は通常攻撃に対して高い耐性を持っているため、武器攻撃に変更となったもよう。また、どうも2人同時に武器で攻撃すると両方ヒットするようで、かなりのダメージが出ています。


ファイナルファイト TAS パンチハメだとかなりの回数攻撃する必要のある「ソドム」は武器攻撃に

 さらに、3面のアンドレステージも武器攻撃戦術に変更。2人で3人まとめて斬りつけるため、「ンボボボボァ」みたいなエグい音が出ています。


ファイナルファイト TAS ンボボボボァ

 5面のボス「アビゲイル」戦では、見たことのない新テクニックが登場。コーディーが「アビゲイル」をつかんで2回膝蹴り→直後にハガーが「アビゲイル」をつかむという手順を踏むと、コーディーが誰もいない空間に向かって膝蹴りを繰り出し続けます。しかし、この膝蹴りもなぜか「アビゲイル」にヒットし続ける上、本来3回までしか出せないはずの膝蹴りがハガーの投げ発動まで出し続けられる様子。結果、一回つかんだだけでとんでもないダメージになっています。


ファイナルファイト TAS 誰もいない空間に膝蹴りを続けるコーディー。しかし「アビゲイル」の体力はガンガン減っていく

 そして残すは、ラスボス「ベルガー」。本来「ベルガー」は残り体力が少なくなると画面端の窓ガラスの前に移動してつかめない状態になり、トドメの打撃を当てると吹っ飛んで窓ガラスをぶち破りビルから落下して死亡する、というラストを迎えます。しかしこの動画での「ベルガー」戦では、「アビゲイル」にも使用した“誰もいない空間に向かっての膝蹴り”を使用して一気に体力を減らしているため、ハガーのパイルドライバーがトドメの攻撃という本来ありえない状態が発生。

 その結果、「パイルドライバーをされたベルガーが立ち上がったかと思うと突如上下逆さになって窓ガラスに飛翔、同時に何も当たっていない窓ガラスが突如割れる」というあまりにも意味不明な状態になります。これはひどい。パンチハメで部屋の真ん中あたりから不自然に吹っ飛ぶベルガーはTAS動画ではよくあることですが、投技でのとどめは初めて見ました。


ファイナルファイト TAS パイルドライバー!


ファイナルファイト TAS スクッ


ファイナルファイト TAS \ビョイーン/  ガッシャーン!>

 発売から27年が経過した本作。まだまだ新しいテクニックが出てくるあたり、本当に愛されていますね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/30/news137.jpg 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」
  2. /nl/articles/2107/29/news111.jpg おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  3. /nl/articles/2107/29/news086.jpg 小5娘「ランドセル壊れちゃった!!」→メーカーに修理に出すと…… 子どもの気持ちに寄りそう「神対応」を描いた漫画に心が温まる
  4. /nl/articles/2107/29/news013.jpg おばあちゃんと散歩するワンコ、よく見ると…… かしこ過ぎるイッヌに「どっちが散歩されてる?」「愛と信頼ですね」の声
  5. /nl/articles/2107/30/news022.jpg 中年の「何しにこの部屋来たんだっけ?」発生条件を突き止めた漫画にあるあるの声 “忘却”はこうして起きていた……?
  6. /nl/articles/2107/29/news044.jpg 3歳娘「カレーが食べたい」にこたえて作ったのに…… あまのじゃくな娘に“大人になること”を学ぶ漫画が考えさせられる
  7. /nl/articles/2107/29/news030.jpg 定価で買った商品が半額になってショック!→娘「ママは値段を理由にそれ買ったの?」 子どもの一言にハッとさせられる漫画
  8. /nl/articles/1902/18/news125.jpg 「誰も消防車を呼んでいないのである!」漫画の作者自ら“消防車が来ない話”としてTwitterに公開 「元ネタ初めて見た」
  9. /nl/articles/2107/28/news135.jpg 波田陽区、そっくりな卓球・水谷隼選手の金メダル獲得で仕事激増 「拙者、これで家賃払えそうですからー!」
  10. /nl/articles/2107/30/news088.jpg 宮脇咲良、年の離れた弟と“思い出作り”のUSJ旅行で姉弟ショット ファンからは弟の成長に喜ぶ声も「大きくなったね」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」