ニュース
» 2016年11月15日 19時39分 公開

「バーコードファイター」がコロコロアニキで復活! 作者は引き続き「電撃!ピカチュウ」の小野敏洋先生

多感な時期に読みたいやつ。※追記・訂正あり

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 1992年から1994年にかけて月刊コロコロコミックで連載された小野敏洋先生の人気漫画「バーコードファイター」の続編読み切りがコロコロアニキで奇跡の掲載です。

「バーコードファイター」がコロコロアニキで復活! まさかの復活!! 絵柄が今風になってます(画像はコロコロアニキ公式Twitterより

 同作は1991年にエポック社から発売された携帯ゲーム機「バーコードバトラー」とのメディアミックス作品。バーコードバトラーは本体にバーコードリーダーが備わっており、身の回りのバーコード読み込むとロボットのキャラクターが生成され、対戦することができるのが特徴。当時のキッズから絶大な支持を得ました。

「バーコードファイター」がコロコロアニキで復活! 完全新作ストーリーが展開されるとのこと(画像はコロコロアニキ公式Webサイトより

 コロコロアニキ版「バーコードファイター」では小学生だった主人公の烈たちが中学2年生へと成長。少年誌とは思えないガチ過ぎるメカ描写や、かつて読者に衝撃を与えた「男の娘ヒロイン」の桜ちゃんもしっかりメインで再登場しています。小野先生といえば「電撃ピカチュウ」などに見られるお色気シーンも特徴ですが、その辺が「コロコロ卒業生に贈る大人のコロコロ」がキャッチコピーのコロコロアニキ誌上でどうなっているのか、非常に気になるところです。


11月17日10時45分追記

 当初記事内で“「バーコードファイター」の続編がコロコロアニキで奇跡の連載開始”と記載していましたが、連載ではなく“読み切りでの復活”だったため、一部内容を改めました。お詫びして訂正いたします。なお、小野先生はコロコロアニキ誌内のインタビューにて「もし、もっと続きが読みたいと思った方は、ぜひ編集部にご連絡下さい」としています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する