ニュース
» 2016年11月17日 08時00分 公開

透き通った黄褐色が美しい 「ジュラシック・パーク」の虫が閉じ込められた琥珀をモチーフにした昆虫スイーツが誕生

イナゴを使った調味料とクリシギゾウムシの幼虫を使用。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 琥珀に閉じ込められた虫から恐竜のDNAを取り出し、現代に蘇らせる――。そんな映画「ジュラシック・パーク」(1993年)のストーリーを参考にした昆虫食品「虫入りコハク」を、和歌山県の地域活性化支援団体・いなか伝承社が発売しました。


琥珀

 いなか伝承社は、和歌山県の伝統的な醤油の醸造技術を使った「昆虫発酵調味料イナゴソース」を昨年から販売している団体(関連記事)。「虫入りコハク」には同商品に加え、砂糖や寒天を使用しています。琥珀のように透き通った黄褐色をしており、内部にはクリシギゾウムシの幼虫が。

 同団体の代表を務める田中寛人さんは幼いころからの恐竜好きで、以前から「実際に虫を閉じ込めた食べられるコハク」を作ってみたいと思っており、その夢を実現させた昆虫食品なのだそう。天然のクリシギゾウムシを1匹ずつ採取するなど手間をかけているため、1つあたりの製作時間は7日間にも及ぶとのこと。

 30箱の数量限定販売となっており、料金は5個入りで1200円(税込/送料別)。申込方法などの詳細は、該当のFacebook記事からご確認ください。


画像 色は、本物の琥珀にそっくり

マッハ・キショ松

関連キーワード

昆虫 | 支援 | 地域活性 | 恐竜


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/23/news015.jpg オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  2. /nl/articles/2011/23/news035.jpg 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  3. /nl/articles/2011/17/news169.jpg Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  4. /nl/articles/2011/23/news016.jpg 動いて……ない!? 棒人間たちが進んでいるように見える錯視GIF「スーパー錯視ブラザーズ」がすごい
  5. /nl/articles/1501/30/news156.jpg 野球ファンなら知っている ネットでよく見る「33-4」「なんでや!阪神関係ないやろ!」のやりとりって何なの?
  6. /nl/articles/2011/22/news016.jpg 「お母さんあれ誰?」 6歳息子が家の壁を指さし呼び続ける“何か”を描いた漫画、その正体が見事過ぎるオチ
  7. /nl/articles/2011/22/news017.jpg アプリ「一人用クトゥルフ神話TRPG」が“SAN値回復するタイプの狂気” 「名状し難い顔(=いらすとや)」「ダイス判定で転売ヤーが爆死」
  8. /nl/articles/2011/20/news116.jpg 間違いなくいい夫婦! おのののか、夫・塩浦慎理選手とリラックスしたラブラブショットでまさかの表情
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2011/23/news007.jpg がっかりクリスマスプレゼントと思いきや―― 落胆から一転、キラッキラな笑顔を見せてくれためいっ子の漫画に心がほっこり温まる