ニュース
» 2016年11月18日 19時32分 公開

河野太郎議員、大学の研究費が運用しにくいとの意見に「ほぼローカルルール」と一刀両断 「いかにやめさせるか真剣な検討が必要」

ほかにも多岐に渡る問題をとりあげ、意見を求めている。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 大学の研究費にまつわる諸問題について、ブログで回答しつつ意見を求めていた(関連記事)、自民党の河野太郎議員が続きとなる3記事を公開。最新記事「もうちょっと研究者の皆様へ」で、研究費の使い勝手が悪いとの意見に「ほとんどローカルルール」と指摘し、一石を投じている。


5報 河野太郎公式ブログ「もうちょっと研究者の皆様へ」

 コメントは一連の記事に寄せられた「英語の領収書が使えない」「海外で使用するためのPCを購入できない」といった、研究費が運用しにくいとする意見に回答したもの。河野議員はこれらのほとんどを「ローカルルール」と断じ、「いかにやめさせるか真剣な検討が必要」としている。

英語の領収書が使えない。 ローカルルールです。

外国で使うPCを買うことができない。 ローカルルールです。

研究相手に持っていく手土産を買えない。 買えません。自腹です。

インタビューや実験参加の謝礼を支払えない。 ローカルルールです。

海外から招へいした研究者との食事代を支払えない。 ローカルルールです。打ち合わせならできます。

PCが壊れたら、相見積をとらねばならず、即日買うことができない。 ローカルルールです。

しかし、こうしたローカルルールをいかにやめさせるか、真剣に検討しなければならないようです。文科省は何となく他人事のようですが、そもそも事務方の人事はいまだに文科省が関与していますので、他人事で済む話ではありません。(河野太郎議員)


 さらに河野議員は「続々々研究者の皆様へ」「ちょっと研究者の皆様へ」といった一連の記事で、アカデミックハラスメント(アカハラ)や、大学が予算的に海外の学術誌を読めない問題など、新たな問題も提起。多岐に渡る問題に取り組み、広く意見を求める姿勢だ。


3報 「続々々研究者の皆様へ」。ちなみに前回の記事は「続研究者の皆様へ」だったが、単に誤って「続々」を飛ばしてしまったとのこと

4報 「ちょっと研究者の皆様へ」

 また、競争的資金のさまざまな書類に関しては、来年度からを目標に内閣府で統一を図るとのこと(関連記事)。ほかにも、これまで寄せられた意見に対し新たなデータを提示しつつ回答している。


(沓澤真二)


関連キーワード

研究者 | 大学 | 予算 | 自由民主党


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」