ニュース
» 2016年11月23日 12時38分 公開

漫画家・福元一義さん、今年9月に亡くなっていた 手塚治虫の元チーフアシスタント

手塚プロダクションなどへの取材で分かった。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 漫画家・手塚治虫さんの元担当編集で、自身も漫画家として数々の作品を発表してきた福元一義さんが今年の9月に亡くなっていたことが、手塚プロダクションなどへの取材で分かった。85歳だった。

手塚プロダクション 手塚プロダクションからは既に退職していた(「手塚プロダクション」Webサイトから)

 福元さんは、1952年に少年画報社に入社。その後、作品制作に専念するため退社するも、65年には「マグマ大使」で手塚さんのアシスタントに。70年には手塚プロダクションに正式入社し、手塚さんが亡くなるまでチーフアシスタントを務めた。

 著書に、「鋼鉄の巨人」「怪獣博士」「猿人ジゴラ」などの漫画作品の他、2009年には、手塚さんをチーフアシスタントの立場から見つめた随筆「手塚先生、締め切り過ぎてます!」(集英社新書)を出版している。

「手塚先生、締め切り過ぎてます!」(福元一義) 「手塚先生、締め切り過ぎてます!」(Amazon.co.jpから)

 手塚さんの長女で、手塚プロダクション取締役の手塚るみ子さんもTwitterで訃報に触れており、現在の思いを聞いたところ、「長年、父の仕事を手伝い、その後も手塚関連の様々なことでご協力をしてくださった方がお亡くなりになったことを知らずにいたことのは、とても申し訳なく、折を見て仏前にお供え花をお贈りしようと思っています」と、無念な胸中を明かした。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」