ニュース
» 2016年11月23日 12時38分 公開

漫画家・福元一義さん、今年9月に亡くなっていた 手塚治虫の元チーフアシスタント

手塚プロダクションなどへの取材で分かった。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 漫画家・手塚治虫さんの元担当編集で、自身も漫画家として数々の作品を発表してきた福元一義さんが今年の9月に亡くなっていたことが、手塚プロダクションなどへの取材で分かった。85歳だった。

手塚プロダクション 手塚プロダクションからは既に退職していた(「手塚プロダクション」Webサイトから)

 福元さんは、1952年に少年画報社に入社。その後、作品制作に専念するため退社するも、65年には「マグマ大使」で手塚さんのアシスタントに。70年には手塚プロダクションに正式入社し、手塚さんが亡くなるまでチーフアシスタントを務めた。

 著書に、「鋼鉄の巨人」「怪獣博士」「猿人ジゴラ」などの漫画作品の他、2009年には、手塚さんをチーフアシスタントの立場から見つめた随筆「手塚先生、締め切り過ぎてます!」(集英社新書)を出版している。

「手塚先生、締め切り過ぎてます!」(福元一義) 「手塚先生、締め切り過ぎてます!」(Amazon.co.jpから)

 手塚さんの長女で、手塚プロダクション取締役の手塚るみ子さんもTwitterで訃報に触れており、現在の思いを聞いたところ、「長年、父の仕事を手伝い、その後も手塚関連の様々なことでご協力をしてくださった方がお亡くなりになったことを知らずにいたことのは、とても申し訳なく、折を見て仏前にお供え花をお贈りしようと思っています」と、無念な胸中を明かした。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10