ニュース
» 2016年12月06日 17時32分 公開

北海道で全力疾走する熊が撮影される 撮影者「時速40〜50キロは出てた」

なかなかの衝撃映像。

[コンタケ,ねとらぼ]

 12月4日、北海道の美幌峠周辺で全力疾走する熊の映像が撮影され話題になっています。本来なら冬眠していてもおかしくない時期ですが、なんらかの理由で動いていたもよう。



 動画を投稿したのは羊毛フェルトアーティストのTrue Style Lab.(@Truestylelab関連記事)さんで、撮影者はTrue Style Lab.さんの兄。車の助手席か後部座席に座って携帯のナビを見ていたところ、前方に黒い“何か”が並走しているので撮影してみたら……なんと、熊でした。


北海道 熊 前方に黒い“何か”が


北海道 熊 く、熊っ!

 途中割りと熊の近くまで接近している場面がありますが、熊は車に目もくれず猛ダッシュで去っていきました。車から逃げているわけではなく、ガードレールを乗り越えられずに切れ目まで走っていたようだったとのこと。


北海道 熊 道路から脱出する熊

 動画を見ているとスピード感覚がおかしくなりそうですが、これは熊が速すぎるため。40〜50キロぐらいは出ていたそうです。すごい。全力疾走する熊、なかなかの衝撃映像です。

 今回は運良く熊が一切こちらに興味を示しませんでしたが、もし車に乗っている時に遭遇してしまった場合どうすればよいのでしょうか。熊の被害を防ぐためのパンフレットの作成なども手掛けている環境省(関連記事)に聞いてみたところ、自然環境局の野生生物課・管理室が答えてくれました。

 同管理室によると、「車に乗った状態で熊に遭遇した場合」を想定した資料がないため、なんとも言えない部分は大きいものの、熊を刺激しないことを第一に考えるべきとのことです。山を歩く場合は遭遇しないために熊鈴などを鳴らすことが推奨されていますが、遭遇した状態でクラクションを鳴らすのは熊がどのような反応をするか予測できないため控えたほうが良いでしょう。

 また、もし目が合ってしまったとしても、アクセルを踏んで一気に横を通り抜けるよりは、下がれる場所があればバック、なくても車からは降りず停車して熊が去るのを待つほうが無難ではないかとのことでした。

 何とも季節外れな熊の出没と、衝撃的な全力疾走の様子でした。

画像提供:True Style Lab.さん(@Truestylelab

関連キーワード

北海道 | 環境省 | 動画


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた