ニュース
» 2016年12月07日 07時00分 公開

田舎すばら! ネットサーファーがリアルサーファーになる地方動画に「宮崎行ってくる」の声

成長物語のステキムービー。

[宮原れい,ねとらぼ]

 宮崎県日向市のYouTubeアカウントが投稿した動画「Net surfer Becomes Real surfer」が、思わず「宮崎行ってくる」とコメントする人が現れるほど地元を魅力的に描いています。

 物語は、サーファーはサーファーでも“ネット専門”で恋に敗れた青年が、「失恋 海 哀しい」の検索から突如「お倉ケ浜海水浴場(日向市)」へ向かい“リアルサーファー”を目指すというもの。かなりムチャな気がしますが……?



宮崎県 日向市 サーファー ネットサーファー PR 動画 フラれたらすすめられる例の海

 サーファーで賑わう海にたどり着いたヲタクな服装のネットサーファー青年。たまたま出会った1人のリアルサーファーに誘われるままサーフィンを始めるも、すぐに沈んで出オチ状態に。


宮崎県 日向市 サーファー ネットサーファー PR 動画 ネットサーフィンでたどり着いたお倉ケ浜海水浴場

宮崎県 日向市 サーファー ネットサーファー PR 動画宮崎県 日向市 サーファー ネットサーファー PR 動画 誘われるままサーフィンに挑戦するネットサーファー

宮崎県 日向市 サーファー ネットサーファー PR 動画 なかなかにぽっちゃりです

宮崎県 日向市 サーファー ネットサーファー PR 動画 なんかかっこいい!

宮崎県 日向市 サーファー ネットサーファー PR 動画 ……と思ったのもつかの間、この結果だよ

 それでもサーファーたちの家に泊まりながらサーフィンを続ける「ぽっちゃりサーファー」。ネットも変わらず続けているようで、そちらの住民も「w」の付いたコメントで応援。そして楽しそうに海に入って練習を繰り返すうち、ついには本当に波に乗れるまでに成長! その間も周囲の環境に馴染んで楽しそうなのが羨ましいです。もしやコミュ力も上がってる……?

 さらに体型も徐々に変化していく様子が映されていて、最終的には日焼けも加わり、雰囲気も明るくイケてるヤングなメンになっています。途中経過を見なかったら同一人物には見えないレベル。


宮崎県 日向市 サーファー ネットサーファー PR 動画宮崎県 日向市 サーファー ネットサーファー PR 動画 楽しそうに練習するぽっちゃりサーファー

宮崎県 日向市 サーファー ネットサーファー PR 動画 ついには波乗りに成功……!

宮崎県 日向市 サーファー ネットサーファー PR 動画 体型も顔もやせて雰囲気も明るく

宮崎県 日向市 サーファー ネットサーファー PR 動画 ただのイケメンじゃないですか

 ムービーの最後には、出会ってから一緒に汗を流してきた“リアルサーファー”に「海、似合ってきたね」と言われ、「ほっといてください」と最初と同じように返す青年がまぶしいエンディング。これは良い成長物語だった。

 同動画は日向市をPRするために制作されたもの。3分間と短い時間ながら昭和な雰囲気と無声ムービー的な演出が印象的で、コメントでも「また海に行きたくなりました」「日向ってなんにもないって思ってたけど海あるわ!」とその反響が寄せられています。


宮崎県 日向市 サーファー ネットサーファー PR 動画宮崎県 日向市 サーファー ネットサーファー PR 動画 なにこれ感動する

宮崎県 日向市 サーファー ネットサーファー PR 動画 素敵ムービーでした

(宮原れい)


関連キーワード

動画 | 動画共有サービス | YouTube


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた