ニュース
» 2016年12月07日 17時10分 公開

伝説のバンド「THE BLUE HEARTS」の曲をテーマにした映画の劇場公開資金を募るクラウドファンディング始動へ

全6本のオムニバス映画。お蔵入りダメゼッタイ! 

[五月アメボシ,ねとらぼ]

 1995年に解散したロックバンド「THE BLUE HEARTS」の楽曲を6人の監督が自由な解釈で映像化したオムニバス映画「ブルーハーツが聴こえる」の劇場公開資金を募るクラウドファンディングプロジェクトが「Makuake」でスタートしました。


 「ブルーハーツが聴こえる」は、2015年のTHE BLUE HEARTS結成30年記念で制作された全6本のオムニバス映画。「荒川アンダーザブリッジ」の飯塚健さんや「呪怨」シリーズの清水崇さんら6人の監督が、キャスト陣に永瀬正敏さん、豊川悦司さん、市原隼人さん、水原希子さんらの豪華なメンツを迎え制作するも、作品を取りまとめていた制作幹事会社が立ち行かなくなり今日まで劇場公開できないままとなっています。

 6作品のタイトルは、「ハンマー(48億のブルース)」「人にやさしく」「ラブレター」「少年の詩」「ジョウネツノバラ」「1001のバイオリン」。元の曲名を少し変えたものもありますが、いずれもTHE BLUE HEARTSの名曲をモチーフとしたもの。

ハンマー 飯塚健監督「ハンマー(48億のブルース)」
ラブレター 井口昇監督「ラブレター」
ジョウネツノバラ 工藤伸一監督「ジョウネツノバラ」

 2016年に入り、「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」などの映画祭で上映の機会を得た同作は大きな反響を呼び、2017年春に劇場公開の機運が高まってきましたが、配給のための費用が不足しており、それをクラウドファンディングで募ろうとプロジェクトが立ちあがりました。

 目標金額は1080万円。支援者へのリターンとして、作品のエンドロールに名前がクレジットされる権(5400円から)や、公開後に打ち上げに参加できる“監督たちと飲める権”(21万6000円)などのコースが用意されています。目標額達成後は、上映館数を増やすためのストレッチゴールの設定なども予想されます。THE BLUE HEARTSに多大な刺激を受けた人たちの思いが詰まった映画、果たして来春の上映は成るのでしょうか。


五月アメボシ


(C) TOTSU、Solid Feature、DAIZ、SHAIKER、BBmedia、geek sight

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」