ニュース
» 2016年12月12日 19時24分 公開

監督絶賛のモノクロ版「マッドマックス 怒りのデス・ロード」、2017年1月14日から劇場公開!

監督「私は『マッドマックス』のモノクロ版の公開を夢見ていた」。

[まっつ,ねとらぼ]

 2015年6月に日本で公開された映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」。そのモノクロ版「マッドマックス 怒りのデス・ロード ブラック&クローム エディション」が2017年2月8日にBlu-ray化されることが決定していますが、それに先駆けて2017年1月14日から新宿ピカデリー他で劇場公開されることが決定しました。

マッドマックス ポスタービジュアル

 同作は石油も水も尽きかけた世界を舞台に、主人公のマックスが仲間とともに資源を独占するジョーの軍団へと決死の反撃を開始するアクション映画作品。第88回アカデミー賞では惜しくも「V8」は逃しましたが、最多12部門にノミネートされ「V6」(6部門)を受賞しました(関連記事)。

マッドマックス 場面カット

 ジョージ・ミラー監督によると、1981年に製作された「マッドマックス2」の音楽作業中に安上がりなモノクロフィルムが使われていたとのこと。モノクロとなった本編を見て“この映画は白黒が一番だ”と感じたらしく、それがきっかけとなり今回のモノクロ版が製作される運びとなったようです。監督はさらに「白黒で見ることによって映像はもっと抽象的になる」「色の情報が少ないことでなぜかより魅力的に見える」「私は『マッドマックス』のモノクロ版の公開を夢見ていた」とモノクロにかける思いを語っています。

ジョージ・ミラー監督コメント動画

(C)2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED
(C)2016 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED

関連キーワード

マッドマックス | モノクロ | 映画


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」