ニュース
» 2016年12月15日 01時00分 公開

実写ドラマ「弱虫ペダル」続編が早くも制作決定! 1年目のインハイ戦描く

主演の小越勇輝さんは「更にペダルを回し、熱く」と気合十分。

[はためく惑星,ねとらぼ]

 8月にBSスカパー!で放送された実写連続ドラマ「弱虫ペダル」の続編制作が決定しました。続編の舞台は原作で数々の人気シーンを生んだ小野田坂道1年生時のインターハイ戦。放送は2017年内の予定です。

ドラマ「弱虫ペダル」2017年に続編放送決定! ドラマ「弱虫ペダル」続編はインターハイの名勝負を実写ドラマ化! (C) 渡辺航(週刊少年チャンピオン)

 原作は、渡辺航さんが秋田書店「週刊少年チャンピオン」で連載中の漫画。生粋のオタクだった坂道が、高校進学とともに自転車競技部に入部。その才能を開花させながら、同じチームの仲間やライバルたちと熱い戦いを繰り広げていく青春スポーツ物語です。

 同作は2012年に舞台化、2013年にテレビアニメ化され、いずれも続編が製作中の人気作(関連記事1関連記事2)。全7話で放送された実写ドラマ版では、坂道の入部からライバル校・箱根学園との出会い、インターハイへ向けた強化合宿までが描かれ、舞台版から多くのキャストが出演したことも話題となりました。

主人公・小野田坂道役の小越勇輝さん 主人公・坂道役の小越勇輝さん

 続編の制作決定に、坂道役の小越勇輝さんは「続編決定嬉しいです! 今回は坂道が1つ成長したところからのスタート。更にペダルを回し、熱く、そして坂道らしいまっすぐさで挑んでいきます!」と意気込みを語っています。なお、ドラマ制作陣も続投し、監督は「下町ロケット」「半沢直樹」などを手掛けた棚澤孝義さん、脚本は「天才バカボン〜家族の絆」などの吹原幸太さんです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」