ニュース
» 2016年12月20日 09時25分 公開

映画「ブレードランナー 2049」の予告編映像が公開! ハリソン・フォードも出るよ

原題も「Blade Runner 2049」だよ。

[あいひょん,ねとらぼ]

 リドリー・スコット監督の作品で今もSF映画の金字塔として輝き続ける「ブレードランナー」。その続編である「ブレードランナー 2049」の予告編映像が、全世界で同時に解禁となりました。


ブレードランナー2049 予告編 ハリソン・フォード 画像はYouTubeから
ブレードランナー2049 予告編 画像はYouTubeから

 人間と見分けのつかない人造人間“レプリカント”と、彼らの人類への反逆を阻止する捜査官“ブレードランナー”が存在する世界。前作の30年後にあたる2049年が舞台で、今回公開された予告編は前作の主人公・デッカード(ハリソン・フォードさん)の名ぜりふからスタートする胸アツ仕様。「2049」でもデッカードは登場し、今回の主人公である新米捜査官(ライアン・ゴズリングさん)に「俺はかつて有能だった」と語りかけます。

 予告編で映し出される荒廃した世界や横たわる謎の像は、一体何を意味しているのでしょうか?

ブレードランナー2049 ロゴ コンセプトアート 「ブレードランナー 2049」ロゴ&コンセプトアート

 「2049」のロゴは前作のものをほうふつとさせる、レトロフューチャーなデザインなのが良いですね。コンセプトアートからは、前作同様にネオンで飾り立てられた雑然とした街並みの存在を確認できます。

 なおリドリー・スコットさんは監督ではなく製作総指揮で、「2049」ではドゥニ・ヴィルヌーヴ監督(「メッセージ」「プリズナーズ」「ボーダーライン」)がメガホンをとります。日本での公開は2017年11月を予定。

関連キーワード

ブレードランナー | 映画 | SF


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた