ニュース
» 2016年12月23日 11時27分 公開

天使の歌声と涙する人が続出 英特別支援学校のクリスマスコンサートで10歳の女の子が歌う「ハレルヤ」

今年のベストクリスマスソングかも。

[城川まちね,ねとらぼ]

 イギリスの北アイルランド、ドナガディーにある、障がい児のための特別支援学校で開かれたクリスマスコンサート。リードボーカルを務めた10歳のケイリー・ロジャースによる歌声が人びとの感動を呼び、話題になっています。あれ? 目から汗が……。

ケイリー・ロジャース 一緒に歌った生徒のお母さんが投稿したもの。Billy McAuleyさん撮影(画像はNichola MartinさんのFacebookから)

 11月に亡くなったシンガーソングライター、レナード・コーエン(関連記事)の名曲「ハレルヤ」を合唱するこの動画はFacebookに投稿されるとあっという間に拡散され、「天使の歌声」「この動画を見るたびに涙がこぼれてしまう」「見るのをやめられない」と見る人の心を揺さぶっています。

 ゆったりとしたピアノ伴奏が始まり、ほかの生徒より前方中央に立ったケイリーが歌い始めると、その伸びやかな声にハッとしてしまうほど。伴奏もメロディラインもシンプルな楽曲ですが、だからこそかえって心にしみいるのかもしれません。

イギリスの特別支援学校「killard house」 ケイリーの通う特別支援学校「killard house」(画像はkillard houseの公式サイトから)

 FacebookやYouTubeへの動画投稿をきっかけに地元メディアから大手メディアまでが取材をし、一躍有名になったケイリー。BBCによれば、彼女は自閉症とADHDでこの特別支援学校に通っており、普段はとてもシャイで静かな少女なのだそうです。学校長はBBCに対し、ケイリーは「歌い始めると、開かれて自信に満ちるのだ」と話しています。

 彼女は音楽教師によって才能を見いだされ、声を発達させ、自信を得られるようレッスンを重ねてきたとのこと。ケイリーの母親は「歌うのが好きな子だったけど、入学したころは自身の中に閉じこもっていた」と話し、音楽教師について「ケイリーにとって安心毛布のようだった」とその指導能力の高さをたたえています。

 ケイリーの美しい歌声にはまぎれもない才能を感じますが、その一方で、1人1人の子どもをよく見つめ、それぞれの才能を引き出す教師の力量も大切だということにあらためて気付かされます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」