ニュース
» 2017年01月05日 09時15分 公開

「天才テレビくんMAX」伊藤元太が8月に逝去していた 友人との川遊びで水難事故に

18歳の若さでした。

[あいひょん,ねとらぼ]

 2008年から2010年にかけてNHK「天才テレビくんMAX」に出演していた伊藤元太さんが、2016年8月31日に18歳の若さで亡くなっていたことが明らかになりました。伊藤さんの誕生日である2017年1月5日に、「天てれサーカス部」の公式サイトが発表。理由は友人と川遊びをしていた際の水難事故だそうです。

伊藤元太 2016年3月には「事務所はまだ未定ですが、これから芸能界に復帰したいと思うんで、応援宜しくお願いします」とツイートしていた(以下、画像は伊藤元太さんの公式Twitterから)

 発表によると、友人ら3人で東京・多摩川で水遊びをしている際、中洲から岸に戻る途中で流され帰らぬ人になってしまったとのこと。伊藤さんの両親も心の整理がつかずこれまで事故の経緯を一切公にしていませんでしたが、19歳の誕生日となる5日に、伊藤さんと縁のあった「サーカス部」のWebサイトで発表することにしたと明かしています。

 なお、事故当日に伊藤さんと一緒に川遊びへ向かった友人は、元「てれび戦士」や大学の友人ではなく、タレント関係の友人と発表されています。

大学に入ってまだ5か月、青春を謳歌する予定であったはずで、近い将来はテレビや映画で彼の成長した姿を目にしていたかもしれません。私たちも本当にかけがえのない友人を亡くしてしまいました。泣いても泣ききれません(サーカス部 サブリミット ヨーコ・ガッツさん/「天てれサーカス部」の公式サイトから)


伊藤元太 Twitterトップ 伊藤さんのTwitterは大学入学時のツイートがトップに固定されており、5日に訪れると誕生日を示す風船エフェクトが表示された

 同サイトでは、伊藤さんの両親からの手紙も公開。「我が家は元太が亡くなった8月31日以来、時が止まってしまいました」という一文から始まり、伊藤さんとの思い出、突然に息子が帰らぬ人となってしまったことへの隠しきれない悔しさ・無念がつづられています。

元太の事だから沢山沢山やりたいことがあっただろうに…。誰よりもびっくりしているのは元太本人だと思います。どうか元太の笑顔を思い出して頂けると幸いです(伊藤元太さんの両親/「天てれサーカス部」の公式サイトから)


 「サーカス部」の公式サイトでは「まとめて元太にお届けします」と伊藤さんへのメッセージを受け付けています。「天才テレビくんMAX」で共演した白坂奈々さんも自身のブログで弔意を表し、「大好きな元ちゃんのためにみなさんの気持ちを伝えてあげてください」と述べています。

関連キーワード

事故 | テレビ | 芸能人 | 訃報 | 芸能界


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン