ニュース
» 2017年01月21日 13時25分 公開

“未成年淫行疑惑”の狩野英孝が無期限の謹慎を発表 「恋愛感情はあったが彼女ではなかった」

地下アイドルからは「楽屋で狩野英孝さんとのセックスの話してるとこ聞いちゃって」という話も。

[あいひょん,ねとらぼ]

 未成年アイドルとの淫行疑惑が一部で報道されているタレントの狩野英孝さんが1月21日、本件に関する記者会見を行いました。相手女性について「恋愛感情はあったが彼女ではなかった」と述べた上で、芸能活動の無期限謹慎を発表しました。

狩野英孝 狩野英孝さん(画像は所属事務所の公式サイトから)

 今回の淫行疑惑が発覚したきっかけは、相手女性がTwitterの裏アカウント(“裏垢”とも。プライベートで用いているアカウントの総称)に狩野さんの自宅で撮影したとみられる写真をアップロードしたため。会見で狩野さんは、同写真が2016年7月から9月ごろに自身の自宅で撮影したものであると認めました。

 相手女性は12月まで地下アイドルユニットに所属し活動していた17歳。狩野さんには年齢を22歳と伝えていたそうで、狩野さん自身も年齢については「まったく疑問に思わず」接していたそうです。相手女性が「(本当は)10代であると聞いて驚きました」と述べ、「(22歳だと思っていたので)大人としての付き合い」をしていたとのこと。しかし相手女性に対して「恋愛感情はあった」「お付き合いしていたという認識だった」としつつも、「好きだ・愛しているという言葉は言っていない」と述べています。肉体関係の有無に関する直接的な質問に対しては「相手が10代であるもので……」と言葉を濁していました。

 報道によると狩野さんと相手女性は“半同棲”状態であったとされていますが、そのような事実はないと否定しました。狩野さんによると、交際相手に限らず後輩芸人などもよく自宅に泊めるため珍しいことではなく、今回の相手女性に合鍵を渡すなどもしていなかったとのこと。

 “裏垢”に相手女性がアップロードした写真には、寝起きの状態とみられる狩野さんが写ったものも。狩野さんいわく「(自身が)酒に酔って先に眠ってしまった」とのそうですが、未成年との淫行疑惑に限らず飲酒疑惑ともとれる発言も。なお相手については「お酒が強いとか弱いとかは分からない」と述べ、相手女性の飲酒を否定する言葉はありませんでした。

 なお相手女性とのファーストコンタクトは報道の通り、Twitterのダイレクトメッセージ(DM)機能で狩野さんから送ったメッセージだったと認めました。「Twitterを検索してかわいい子を探したわけではない」そうで、今回の相手女性は共通の知人に紹介され、DMを送ったとのこと。

 狩野さんの所属事務所の公式サイトには、謹慎処分について正式な発表が掲載されています。


この度、狩野英孝のプライベートな問題につきまして、お相手の方、そのご家族、ファンの皆様や関係者の方々に対し、大変なご迷惑、ご心配をおかけしましたことを心から深くお詫び申し上げます。
1月20日発売の週刊誌掲載内容につきまして、本人と弊社で話し合い、今回の件だけということではなく昨年からの生活態度を考慮して謹慎処分とさせていただきます。

2017年1月21日
代表取締役社長 柵木秀夫
狩野英孝さんの所属事務所の公式サイトから)


 相手女性とは今後も友人としての付き合いを続けていくとのこと。相手女性はひどく反省しているそうで、狩野さんは“裏垢”騒動については「ウソをつかれた」とひどくショックを受けたものの、その行為を「10代の幼い子がやった“イタズラ”」と考え、「彼女を責めることは無い」「(相手女性が)自身をひどく責めていたので、まずはそのケアが必要」と述べました。

 会見では終始“反省ムード”で肉体関係の有無については言葉を濁していた狩野さんですが、21日深夜には地下アイドルの戦慄かなのさんが自身のTwitterで「楽屋で(相手女性が)狩野英孝さんとのセックスの話してるとこ聞いちゃって『さっきの話聞こえちゃったんですけど』って言ったら怖い声で『誰にも言わないでね』って言われたことある」と暴露話をツイート。かなのさんは同ツイートをトップページに固定するほどで(同日時点)、地下アイドルのあいだでもかなり大きな話題となっているのではないでしょうか。

 なお狩野さんの具体的な謹慎期間は決まっていないそうですが、「しっかり反省してみんなが生まれ変わったねと言ってくれるぐらいになって帰ってきたい」「謹慎中は自分を見直したい」と狩野さん。謹慎期間の過ごし方は今後考えるとのことで、神主としての仕事の自粛については未定だそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  2. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  3. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  4. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  5. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  6. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  7. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news178.jpg 杉浦太陽、俳優の弟たちと旧自宅のバルコニーを大改装 劇的リフォームも「なんか見た事あるなこの光景…」
  10. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声