ニュース
» 2017年01月26日 15時16分 公開

「Google→行くogle」「YouTube→あなたはチューブ」 Google翻訳アプリの“珍翻訳”報告でTwitterがカオスに

固有名詞をむりやり翻訳するとおかしくなりがち。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 スマートフォンアプリ版Google翻訳(AndroidiOS)のリアルタイムカメラ翻訳が、日本語に対応しました(関連記事)。カメラで写した文字がその場で翻訳できて便利ですが、精度はまだまだ不完全のようで、カメラの角度によってはGoogleのロゴすら「行くogle」になることも。Twitterではこの現象を利用した、“珍翻訳”を探す遊びが流行し始めています


ギャグle 筆者がマネして試したところ、カメラの角度によって翻訳は変化し、「Google」は「行くogle」や「ギャグle」に。ただ、「Googleの」と正しく翻訳されたこともありました

 上記の例に限らず、固有名詞をむりやり和訳すると、おかしな結果が出やすいもよう。漫画「BLEACH」は「漂白剤」に、「マツモトキヨシ」は「松本 清」にと、直球で訳されてしまいました。「Pentax」→「ペンタックス」や「Nikon」→「ニコン」のように正しく翻訳されたものの、偽物っぽくなってしまうケースも。「ANA」がなぜか「アナル」になってしまう悲劇も多発しているようです。


 翻訳自体の問題が、不思議な結果を生むこともあるようです。「SOYJOY」が「ふやけた」、パンケーキミックスの「Aunt Jemima(ジェミマおばさん)」が「病んでいます Jemima」になるなど、食べ物として致命的なケースが多発。デザインされた文字の解読が苦手なアプリの特性も重なって、カーペットクリーナーに「おしっこ」と浮かび上がったり、乾燥マンゴーが「トップむかつき」と突然怒り出したりすることもあり、なんだか海外みやげの日本語説明文みたいですね。


 キーボードのように英文字が1つ1つ並んだものを写すと、アプリが多様な可能性を探るのか瞬時に様々な単語が表示。この現象がアニメ「電脳コイル」のようだと指摘するツイートも、注目を集めています。これらの現象はいずれアプリの改良とともに正常化していくと思われますが、当面はいろいろ遊べそうです。


検索結果 パチモノサイトのようになってしまったYouTube


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる