やしろあずきの日常―― ネットに疎い母親に中途半端なIT知識を与えるとどうなるのか

セフィロスを愛し、カラーコーンに愛された男、漫画家・やしろあずきの新連載!

» 2017年02月01日 12時00分 公開
[やしろあずきねとらぼ]
やしろあずき

 こんにちは。Web漫画家のやしろあずきです。

 この間1人でディズニーランドへ行って写真を撮りまくったら、周りから人がどんどん遠ざかっていきました。なぜだ。

 さて、この度「ねとらぼ」で連載させていただくことになりました。漫画と文章でいろいろ描きますのでよろしくお願いいたします。

 僕がどういった人間なのかは過去に記事にしていただいているので、そちらをご参照ください。

インタビュー:「セフィロスの人」漫画家・やしろあずきは何者か 母親とともに黒歴史を掘り起こしてみた

4コマ漫画「日常バグ報告」発売記念でのインタビュー。ドッキリで母親を呼ばれた。



 ……さて、記念すべき第1回目の記事なのですが、テーマは「母親×IT」です。


やしろあずき

 最近、iPadを母親にプレゼントしたり息子に勧められてスマホに替えてみたりとか、これまでインターネットの世界に触れてこなかった、触れたとしてもiモード(死語)のトップページで天気予報を確認するのが精いっぱいだったような親世代も、広大なインターネットの大地に降り立つ機会が増えてきたように思えます。

 僕の母も数年前に僕のiPhoneを見て「エモい」という理由でiPhoneを購入しました。絶対エモいの意味分かってないと思います。

 いや、すごく良いことだと思いますよ。ビデオ通話とかで遠く離れた家族と暖かい会話ができたり、分からない事を教えてあげたり。母と子のコミュニケーションも生まれます。僕なんかWi-Fiのつなぎ方が分からないとかで30回は実家に呼び戻されました。家族愛ですね。

 ネットとともに親子のつながりも深まって笑顔満点。良いことたくさんです。インターネット最高〜!

やしろあずき 親子でのコミュニケーションが生まれますね

 ……しかし!!!!!!

やしろあずき

 ネットリテラシーが全くない状態で母親を広大なインターネットの世界に放つのは割と危険です。特に今は利便性も増し、直感的になんかいろいろできちゃうサービスも増えています。何の知識がない人でも直感的にいろいろできちゃう世界。ヤバいです。

 ……というわけで、実際に僕、やしろあずきが母親に中途半端にITの知識を与えてしまったために受けた災厄を紹介します。

Twitterバレ

やしろあずき

 母親の学習能力は結構すごくて、本名でTwitterやっている人とかは簡単にアカウントが見つかるみたいですよ。誰でも人生で一度は自分の名前でググったりするはずです。母親もそのノリであなたの名前でググります。

本名でリプライ、位置情報を付けたままリプライ、勝手に顔写真(悪魔の3コンボ)

やしろあずき はい、最悪の3コンボですね。僕は全部やられました。一瞬で心が折れる

 匿名でTwitterをしてちょっとネットで名が知れた実家住みの人とかの場合、自宅にいる自分の母親から急に、

「本名で位置情報が付いて、ついでに顔写真も添付されたリプライ」

が来るとか本当に突然部屋に核爆弾が落ちてくるのと変わらないですからね。

 あ、またTwitterを例にしてしまったんですが、これはTwitter以外のSNSにも全然当てはまる内容なので、各自自分がよく使うSNSに当てはめて読んでもらえるとうれしいです。

パスワードの管理がめちゃくちゃ甘い

やしろあずき パスワードの意味なぁ〜〜〜い!!

 端末を冷蔵庫か何かと勘違いしてないか疑うレベルに、もう所構わずベッタベタと付せんでパスワードを貼りまくります。

 ほかにも、でかでかと「パスワード」って書いたメモがその辺にほっぽってある場合もあります。

やしろあずき

やしろあずき

やしろあずき (写真は再現です)

 あまりにも堂々としすぎていてワナに思えますね。

変な情報に踊らされそうになる

やしろあずき

 家に帰ったら謎のツボや絵が飾ってあったら要注意。

 昼下がり、テレビショッピングを夢中で眺め、突然電話の元に走り出した母親を必死で止めた記憶がある人は気を付けた方が良いですね。

 インターネットなんて常時テレビショッピングを眺めてるのとなんら変わりませんからね。ページをスクロールしようとしたらスーッっと広告が流れてきて間違えてタップしちゃったりしますからね。ほんと嫌だ。

黒歴史を公開される

やしろあずき

やしろあずき

やしろあずき

やしろあずき

やしろあずき

やしろあずき

やしろあずき 逃げられた

 この通り、実家の屋根裏に埋もれていた僕が中学生のころに描いた暗黒のノートがワールドワイドなウェブに公開されました。怒りはなく、「僕は何も悪いことをしてないのに、なぜ?」って気持ちになりました。

 ……漫画にある通り、あなたの黒歴史をあなた以上に知っているのが母親です。あなたがメインで使っているSNSアカウントで母親とつながった場合、それは親子ゲンカの武器として相手に核爆弾を譲渡したようなものです。ワンボタンで焼け野原。ママには勝てません。

スマホに慣れているとPCの電源を長押しで切ろうとする

やしろあずき 「あんたパソコンつけっぱなしだったから切っとくわよ〜」

 スマホに慣れた母親はなんでも長く押せばなんとかなると思い始める節があります。

Kindle端末で大量に物を買われる

やしろあずき

 Kindle端末を母親に買ってあげた際、最初に入れるAmazonアカウントを「ひとまず自分のアカウントでいいか」とか思っちゃうとこうなります。美容品、日用品を買われ、あげ句の果てに俺の家にそれが届く。

勝手に編集部とTwitterでコンタクトを取り、取材に乱入してくる

やしろあずき

 冒頭にもリンクを貼りましたが、この記事の件ですね。

 インターネットを学ぶとこういう悪巧みにも加担してくるようになります。最悪だ。

何も知らずにオタク用語を使う

やしろあずき まさか母親からこういう言葉を聞くとは思わなかった

やしろあずき 実録

 「おk」「ワロス」「うp」「キタコレ」……

 アングラだった用語も、今はまとめサイトとかで普通に目にします。

 「インターネットで使われている言葉は時代の最先端を行く言葉なんだ」と母親が解釈してしまった場合、ママ友との会話で「昨日おまいらと撮った写真うpしたけどマジでワロタwwww」とかいう地獄みたいな発言をカマす可能性もあるので、ネットを使わない友達の前では絶対に使わないでほしい。

久々に親子で会ってもお互いに端末しか見なくなる

やしろあずき

やしろあずき

やしろあずき 機械に支配されてる

 たまにマックとかで女子高生が2人で延々とスマホをいじってて、「え? 君たち何? 友達? 友達なの? 会話は? え? 友達……? いや他人……?」ってなるときありません? あれです。機械に支配されてる。

まとめ

 いかがだったでしょうか。

 僕は母親をITに触れさせるのは良くない、と言いたいわけではありません。どんどん触らせるべきだと思います。

 事実、全く無知だった僕の母親も今では意図的にブラクラのURLを僕に送りつけてくるぐらいにまで成長しています。くそったれ。

 ただ、実名、顔写真を不用意にアップする事の危険さ、パスワードなどの最適な管理方法、SNSを通じて知らない人とコミュニケーションを取る場合はどういったルールがあるのか、使用しているアプリの位置情報がデフォルトでONになっていないか……。

 自分が分かること、心得ていることだけでもいいので教えてあげると、その分だけ不要なトラブルは避けられると思います。

 この記事を読み、用法用量を守って親子で楽しいインターネットライフを送ってくれたらうれしいです。それではまた!

やしろあずき

 楽しいITライフを!

やしろあずき

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/19/news166.jpg 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  2. /nl/articles/2404/20/news030.jpg 熟睡する3歳&2歳の姉妹、そっと掛け布団をめくってみると…… あまりにも尊い光景に「待ってキュン死にする」「仲の良さがほんと伝わる」
  3. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  4. /nl/articles/2404/18/news029.jpg 【今日の計算】「12×6−5+1」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/19/news176.jpg サントリーのひろゆき氏起用「伊右衛門 特茶」広告が物議 サントリー「ご意見は今後の参考にさせていただきます」
  6. /nl/articles/2404/20/news019.jpg すっぴんママがスーパーモデル風メイクをすると…… 「同一人物!?」な仕上がりに「素晴らしい才能」「メイク前も美しい!」【海外】
  7. /nl/articles/2404/20/news071.jpg 解体が進められている“横浜のガンダム” 現在の姿が「現代アートみたい」「色気がありますね」と話題
  8. /nl/articles/2404/18/news129.jpg 7カ月赤ちゃんが熟睡中、あの手この手で起こすと…… かわいすぎる寝起きに「天使発見!」「なんてきれいな目」
  9. /nl/articles/2404/20/news051.jpg 東京メトロが「1971年の千代田線の駅」を公開 50年以上前のきっぷうりばに「こんな感じだったんですか!」
  10. /nl/articles/2404/19/news036.jpg 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」