ニュース
» 2017年02月04日 20時00分 公開

「燃やす」「娼婦」 ハリポタ作家J.K.ローリング、トランプ支持者から猛攻撃を受けるも華麗な切り返しが話題に

相手が悪すぎた。

[城川まちね,ねとらぼ]

 ドナルド・トランプ米大統領への不支持を表明している「ハリー・ポッター」シリーズの著者J.K.ローリングが、Twitter上でトランプ支持者から一斉攻撃を受けるも、その返しがさすがだと話題になっています。

Twitter上でトランプ大統領支持者とバトルを繰り広げたJ.K.ローリング Twitter上で猛バトル(画像はPottarmoreのInstagramから)

 トランプ大統領就任直後から、イスラム圏7カ国からの入国停止など衝撃的なニュースが飛び交うアメリカ(関連記事)。ローリングはマイク・ペンス副大統領が2015年にツイートした「イスラム教徒だという理由でアメリカへの入国を禁止することは攻撃的であり、違憲である」を引用し、「人がたとえ全世界を手に入れたとしても、魂を失ってしまったら何になるだろう」という意味のマタイ福音書16章26節を用いペンス副大統領に苦言を呈していました。

 さらに、日系2世の米国人俳優ジョージ・タケイやタレントのキム・カーダシアンがツイートした、イスラム圏7カ国からの入国を停止すべき根拠はないことを示すものをリツイートするなどしていました。

 一連のツイートやリツイートはトランプ大統領の支持者らを刺激し、攻撃の的に。ある支持者は、ローリングが引用していた英政治家ウィンストン・チャーチルの言葉「敵がいる? いいことです。つまりあなたは人生で何かのために立ち向かったことがあるということだ」を引用リツイートし「まさにこれはトランプ大統領のこと。彼はとても、とても素晴らしいことのために立ちあがっているし、お前は彼の敵だよ、愚劣な作家先生」と侮辱するも、ローリングは「はあ……私ももっと努力すれば、カエルの漫画の後ろに隠れてる孤独なヴァージンになれるかもしれないわね」と歯牙にもかけません。

 さらに、「フォロワーとダサいガキの後ろに隠れている年老いた娼婦がよく言うな」とからかわれると、「あなたがフードを被ったチワワでないなら、私のほうが“隠れてない”という面では勝ってるわ。でも“年老いた娼婦”っていうのはいいわね、シェークスピアみたい」と、まるで余裕。なお、「カエルの漫画」と「フードを被ったチワワ」はそれぞれのアイコン画像を指したものです。

 「お前の本と映画(のDVD)は燃やしてやる」などの過激ツイートには「DVDを燃やした煙は身体に毒だと思うんだけど、代金はもういただいてるわけだし、ライターお貸しましょうか」と軽妙にレス。このリプライは、約15万のリツイートと約46万のいいねがついています(記事執筆時)。


 また、「17年間ファンだったけど、たった今ハリー・ポッターの本を燃やしました」のように“失望しましたファン辞めます”的ツイートには、「少女に、独裁者の盛衰について書かれた本を読ませることはできても自分でものを考えさせることはできない、といわれるのは本当だったようね」と回答しました。

 最後にローリングは激しいバトルを見守っていたファンに向けて感謝のツイートも。批判よりも応援メッセージの方が多かったと明かし、「さらなる炎上のためにちょっと休むわ」と変わらずウィットに富んだ文言で、世界で最も有名な作家の1人としての貫録を見せつけました。

 舞台版ハリー・ポッターでハーマイオニー役の女優が、黒人だという理由で人種差別を受けた際などもはっきりと不快感を示していたローリング(関連記事)。かねて肌の色や宗教、性別などによる差別を批判する姿勢を見せ、Twitter上ではトランプ大統領の方針を問題視する記事やツイートを積極的にリツイート。そのユーモアと文才で自らの信念を貫いています。

J.K.ローリングはトランプ大統領不支持をはっきりと表明 どちらもTwitter強者(画像はドナルド・トランプ大統領のInstagramから)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  2. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  3. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  4. /nl/articles/2112/02/news159.jpg 骨折で入院のLiLiCo、小田井涼平との密着夫婦ショットで退院報告 「大きな男が迎えに来てくれた」
  5. /nl/articles/2112/03/news006.jpg 「楽しくないでしょひとりじゃ」→「楽しいですが」 バイト先のおひとりさま女子を描いた漫画に共感の嵐
  6. /nl/articles/2112/02/news156.jpg お台場のガンダムが撮影ミスでめちゃくちゃ発光 奇跡のショットが「自爆寸前」「トランザム付いてたっけ?」と話題
  7. /nl/articles/2110/12/news157.jpg 「身長もすっかり抜かれてしまった」 新山千春、15歳娘との長身2ショットで成長をひしひしと実感する
  8. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  9. /nl/articles/2112/02/news133.jpg 岡田義徳、家族4人での初集合ショットが「愛あふれる写真!」と反響 妻・田畑智子は約8カ月ぶりのインスタ登場
  10. /nl/articles/2103/19/news141.jpg 鈴木光、美しい和服ショットで東大卒業を報告「先生と友人に感謝です!」 お別れ近づき“涙の祝福”メッセージ殺到

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」