ニュース
» 2017年02月08日 11時47分 公開

ヘリコプター握りつぶされとる 「キングコング:髑髏島の巨神」日本版オリジナルポスターの怪獣映画感半端無い

この躍動感。

[ねとらぼ]

 日本で3月25日に公開される「キングコング:髑髏島の巨神」。その日本版オリジナルポスターが2月7日に新宿ピカデリーで行われた本編映像プレゼンテーションにて公開され、その完成度の高さからSNSで注目を集めています。躍動感すごいしキングコング超強そう。


キングコング つよい(確信)

 このポスターを手掛けたのは、“怪獣画師”として有名な開田裕治さん。「この島で、人類は最弱。」のコピーやキャスト・スタッフと共に描かれているのは、キングコングを始めとした劇中に登場する怪獣たち。海外版ポスターは夕日をバックに立つキングコングを中心に据えた落ち着いたデザインとなっているのに対し、日本版ではキングコングがヘリコプターを握りつぶす姿が大きく描かれるなど、“往年の怪獣映画感”が満載。開田先生、さすがです。


キングコング 海外版ポスターを日本語に訳したバージョンも

 開田裕治さんはこのポスターについて「私が子ども頃に怪獣映画のポスターを見て感じた高揚感をよみがえらせようと思いました。特に今回のコングの巨大さ、人間など歯牙にも掛けない圧倒的な強さ、存在感が感じられるように描きました」とコメント。Twitterでも「古き良き怪獣の良さが、1周してまた現代で新しくも感じる」「まさに怪獣映画っていう感じ」と絶賛の声が寄せられています。


キングコング 「一生飾る」と宣言したジョーダン・ボート=ロバーツ監督

関連キーワード

ヘリコプター | ポスター | 日本 | 映画


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた