ニュース
» 2017年02月08日 12時37分 公開

YouTube、アプリから直接ライブ配信可能に クリエイターと視聴者をつなぐ新たな収益化方法「Super Chat」も開始

一方で「視聴者ファンディング」の機能は終了へ。

[橘 慧,ねとらぼ]

 YouTubeは、クリエイターへモバイルアプリからの直接ライブ配信を可能にし、さらに新たな収益化方法(マネタイズ)として活用できる「Super Chat」機能が導入されました。それに伴い視聴者ファンディングの機能は終了します。


画像 以前の記事でも紹介した「Super Chat」機能が導入されたよ! こちらはβ版。

 YouTubeはこのたびAndroid/iOS公式アプリから直接ライブ配信できる機能を実装したことを発表。アプリの右下にあるカメラアイコンから「ライブ配信」の選択ができます。タイトルを入力後、すぐにライブ配信を開始することができる手軽さがいいですね! ちなみにライブ配信動画も、通常のYouTube動画と同じように、検索あるいは「あなたへのおすすめ」、再生リストなどから見つけることが可能。著作権管理も行われます。

 現時点ではチャンネル登録者1万人以上のクリエイターに限定されている機能ですが、今後は利用できる対象者を拡大していく予定とのこと。


画像 「GO LIVE」を選択

画像画像 タイトルとサムネイルを決定

画像 準備完了、いつでもいけるよ!

画像 そしてリアルタイム配信

 また、クリエイターの新たな収益化方法(マネタイズ)かつ、視聴者とのコミュニケーション方法でもある「Super Chat」機能が導入。視聴者は「Super Chat」を購入することで、配信中に多くのコメントが流れていくなか、自分のメッセージを目立たせることができます。

 購入者のコメントは、最上部に目立つ色で強調され、一定時間(最大5時間まで)表示。色や固定表示される時間の長さなどは、購入する金額によって決まります。日本を含む約20カ国のクリエイターが利用可能で、40カ国以上の視聴者が購入可能です。


画像 コメントの中でハイライトされ、購入金額が表示されます

 一方で、2014年に公開された「視聴者ファンディング」の機能は終了へ。2月28日まで利用可能ですが、それ以降はサポートを終了します。

 単なるクリエイターのマネタイズ方法ではなく、それを支援する視聴者側にとっても配信者とのつながりをより意識できるようになる「Super Chat」。今後どのように活用されていくのか注目が集まりそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む