連載
» 2017年02月09日 12時15分 公開

やしろあずきの調査―― 初対面の人とのコスプレ撮影って安全なの? 実際にカメコとレイヤーに聞いてみた (1/4)

最近、「撮影中にエロいポーズや格好を強制させられて、断る事ができず後々トラブルになった」とか聞きますよね。実際どうなの?

[やしろあずき,ねとらぼ]

 どうもこんにちは。やしろあずきです。

やしろあずき

 最近、色んな業種の交流会や集まりにちょこちょこ顔を出させてもらったりしているんですが、その中でコスプレイヤー(レイヤー)やカメラマン(カメコ)と知り合う事が増えてきました。

 で、そういう知り合いが多いとTwitterのタイムラインもコスプレの話題であふれたり、集まりでもコスプレ界隈(かいわい)の話題しかしなかったりして、僕が知らない世界の話ばかりでとても興味深く聞かせてもらっているのですが……。

 最近そこでよく見たり聞いたりするのが、

カメコに、撮影と称してラブホテルに連れて行かれそうになった

とか、

撮影中にエロいポーズや格好を強制させられて、断る事ができず後々トラブルになった

とか、そういう類の話。

 なんか結構多い話らしくて、一部ではブラックリストも作られているそうです。怖い。

やしろあずき

 そもそも何でそんな危険な状況になるの? と思ったのですが、昨今ではTwitterなどで連絡を取り合い、全く会ったことがない男性カメラマンと2人でコスプレ専門の撮影スタジオに行くというレイヤーさんもめちゃくちゃ多いそうです。

 ……と、ここまで聞いて僕が思ったのは、

初対面の異性と2人で撮影会って結構怖くない!?

ということ。

 もちろん、良いカメラマンが大半だとは思うのですが、中には下心丸出しで迫ってくる悪い輩もいるはずです。というか、いるから上記のような事例が起こってるんだし。

 いくらネット上で少し絡んでいるからって、その人が本当は危ない人かどうかなんて判断できなそうだし、ちゃんと双方安全対策とかしているのだろうか? というか、まずコスプレのスタジオ撮影ってどんなもんなのだろうか……?

 という訳でさっそく、Twitterを通して知り合ったばかりのカメコさんと2人でスタジオ撮影をする予定だというレイヤーの子に聞いてみました。

 その時の会話がこちらです。

レイヤーと僕のやりとり

「実際に初対面の人と会って撮影って平気なの? 怖くない?」



「緊張はしますが、怖いとかそういうのは大丈夫ですよ! 私は相手の人のTwitterをちゃんと見て、まともな人だな〜って確認しているし……」



「なるほど、SNSとかで相手の前情報をちゃんと仕入れておくのか。でもSNSでは猫被っていて実際はとんでもない悪党かもしれないじゃん?」



「うーん……そこまでの悪党なら、2chとかにも晒されてそうだし、Twitterでも話題になっていると思うので……」



「悪事を見た人は全員東京湾に沈められていたりするかもしれない」



悪党のレベルが想定と違いすぎる



「いやでもさ、マジでTwitterでちょっと話したぐらいじゃ危険性なんて分からないし、外とかならともかくスタジオって割と密室なんでしょ? やっぱり危険じゃないの?」



「うーん……今回はシェアスタジオだし、私も色々考えてカメコさんは選んでるので……。分かりました! じゃあ今度の撮影、やしろさんも一緒に来てください! 撮影の雰囲気や、私やカメコさんからの双方の意見など聞いて判断してみてください!」



「よっしゃ乗った! 交通費は出る?」



「死ね」



やしろあずき 女の子にストレートに死ねって久々に言われた……

 ……という訳で、今回は実際に「ネット上で知り合ったカメラマンと初めて会い撮影してもらう」知り合いのコスプレイヤーに同行し、レイヤー、カメコともにお互いどんな対策をしているのか聞いてみる事にしました!

 もし当日とんだ悪党が出てきたら全力でレイヤーを守る気概で行きます。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた