ニュース
» 2017年02月10日 16時06分 公開

モザイクのような状態から再現 Google、元画像を推測して高解像度化する技術を開発

どんな風に実用化できるのか、想像力がふくらみますな。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 Googleの研究チームが、人工知能(AI)を使って低解像度の画像から元の画像を推測し、高解像度化する技術を発表しました。論文にはモザイクのように何が写っているのか分からない状態から再現することに成功した、顔の画像などが掲載されています。


画像 入力された画像(左)から再現した画像が中央。本物の元画像は右側に並んでいます

 論文「Pixel Recursive Super Resolution」によると、画像などを高画質化する「super resolution」(超解像技術)には、被写体の輪郭がぼやけやすいという課題が。低解像度の画像は保持している情報が少ないため、対応するもっともらしい高解像度の画像がいくつも存在しうるというのが、この原因だといいます。

 そこで研究チームは2段階のアプローチを採用しました。conditioning networkで、人工知能で処理したい低解像度の画像と異なる画像を比較することで写っているものを判断し、次にprior networkで細部を描き加えます。その結果、8×8(64ピクセル)の顔の画像などを、32×32の1024ピクセルに引き上げることに成功。人間には何が写っているのかさえよく分からない状態から、かなりリアルに見える仕上がりに加工されています。


画像 他の画像と比較する「conditioning network」と、細部を描き加える「prior network」の2段構えで処理

 完全な再現ではないため、監視カメラの映像に使って犯人を探すといった用途に使うには改良が必要でしょう。そういえば、かつて「邪魔なモザイクが消せる」という売り文句のムフフなアイテムがありましたが、もしかしたら人工知能が発達した未来の世界にも……。

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/20/news078.jpg ざわちん、“6時間”かけた『鬼滅の刃』炭治郎&禰豆子コス披露 悪戦苦闘したメイクには「おでこだけ似とる……」
  2. /nl/articles/2010/19/news112.jpg 「クオリティがひどい」「傷が入っている」 指摘相次いでいた「名探偵コナン」スノードーム、販売元が返金対応を決定
  3. /nl/articles/2010/20/news079.jpg 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  4. /nl/articles/2010/19/news147.jpg ハイジとは……(困惑) 牧歌的要素ゼロの映画「マッド・ハイジ」、ティーザー映像から漂うトガりっぷりが狂気のレベル
  5. /nl/articles/2003/06/news126.jpg 「めちゃくちゃ再現度高い」「やばすぎる…まんまじゃん…」 叶美香、『鬼滅の刃』甘露寺蜜璃コスが“本物”でしかない
  6. /nl/articles/2010/19/news073.jpg 「コマンドプロンプトは黒い画面に文字がたくさん出て怖い」→「チャット風」にしてみた LINEみたいで「分かりやすい」と話題に
  7. /nl/articles/2010/19/news031.jpg 「拾った猫が10日ほどで別猫に……」 愛情をたっぷり受けた保護猫のビフォーアフターに驚き
  8. /nl/articles/2010/20/news089.jpg やっぱりビジュアルすごいな! 「きかんしゃトーマス」劇場版最新作、0系新幹線“最速のケンジ”登場にネット再び動揺
  9. /nl/articles/2003/29/news014.jpg 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  10. /nl/articles/2010/19/news133.jpg ナスカの地上絵で“古代ネコ”発見 衝撃ニュースにネット騒然