ニュース
» 2017年02月11日 14時32分 公開

アニメ「幼女戦記」、世界大戦本格化を前に総集編放送へ 特配の乾パン食べてしのごう

2017年冬アニメでは初となる総集編放送へ。帝国軍参謀本部より特配の通達も。

[まっつ,ねとらぼ]

 1月期テレビアニメとしてスタートした「幼女戦記」が7話放送を前に、これまでの総集編となる6.5話「戦況報告」を放送します。1月からスタートしているテレビアニメの中では初の総集編です。

第6話「狂気の幕開け」 いよいよ幕が上がる世界大戦(画像は第6話「狂気の幕開け」から)


 テレビアニメ「幼女戦記」は、カルロ・ゼンさんの同名異世界戦記ファンタジー小説が原作。エリートサラリーマンだった男性が幼女に転生し、魔法と硝煙の香り漂う異世界でエース軍人としての頭角を現していく……というストーリーは、主人公ターニャ・デグレチャフを演じる悠木碧さんの絶妙な幼女演技と、大塚芳忠さんや玄田哲章さん、早見沙織さんら脇を固める声優陣、さらに制作を担当する気鋭の制作会社「NUT」によるアニメーションの完成度の高さなどで注目を集めています。

第6話「狂気の幕開け」 中身はおっさんな幼女のゲス顔が病みつきになる(画像は第6話「狂気の幕開け」から)

 近年、特に2016年7月期から10月期のテレビアニメは「レガリア The Three Sacred Stars」を筆頭に「ろんぐらいだぁす!」や「夏目友人帳」「ブレイブウィッチーズ」などで制作の遅れがみられるケースが発生しており、今回の6.5話放送にも「総集編か……」と少し残念な様子のコメントも見られますが、「7話をしっかりとやってくれればええんで頑張って下さいな」「お疲れ様です楽しみに待っています」といった温かい応援のコメントが多く寄せられています。

 なお、バレンタインデーの2月14日には、AKIHABARAゲーマーズ本店1階店頭で、「幼女戦記」特製ラベル仕様の野戦口糧(乾パン)が特別配給されます(20時から。数量限定)。腹持ちよし、日持ちよしの乾パンを食べながらこれまでの物語を振り返りたいですね。では、また戦場で。

諸君、乾パンの特別配給だ バレンタインデーにはチョコじゃなく乾パンを支給!

(C)カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」