レビュー
» 2017年02月19日 12時00分 公開

萌えとカフェインを同時に補給! コーヒー好きによる同人誌「珈琲読本」がエスプレッソのように濃厚だった司書メイドの同人誌レビューノート

現在、第9巻の「ホットカフェモカ特集号」まで刊行中。

[シャッツキステ,ねとらぼ]
シャッツキステ

 シャッツキステでは紅茶をお出ししています。でも、おいしいものに目がないメイドも多いので、いろんな食べ物や飲み物の話に花が咲くことも。そんなときに、「コーヒーって入れ方に気を使うと、本当に味が違うよ」と聞きました。花のほころぶ季節、でもまだ冷たい風に首をすくめてしまうこんな季節に、コーヒーでほっと一息つきたいですね。

今回紹介する同人誌

「珈琲読本 Volume.8 〜そとカフェ満喫スタートブック〜」 B5 28ページ 表紙・本文カラー

「珈琲読本 Volume.9 〜ホットカフェモカ特集号〜」 B5 24ページ 表紙・本文カラー

著者:ミナヅキトウヤ

各巻のイラストレイヤー(50音順、敬称略)

 珈琲読本 Volume.8:なぎさほのか、はすみみるく

 珈琲読本 Volume.9:あきやまねねひさ、天童まくら、なぎさほのか、雪兎


同人誌「珈琲読本 Volume.8 〜そとカフェ満喫スタートブック〜」 自転車旅のおともにコーヒーなんて、これからの季節にぴったりかも
同人誌「珈琲読本 Volume.9 〜ホットカフェモカ特集号〜」 チョコレートソースのかかったあわあわがおいしそうですねー


とにかく丁寧。写真とコメントで細やかに解説

 こちらの同人誌を制作されたサークルさんは、コーヒーに関する本をこれまでに多数出されています。自転車などの同人誌も出されていらっしゃるのですが、とりわけこの「珈琲読本」は長いシリーズで、もう9冊目!

 8巻は“そとカフェ”と称して、野外でお湯を沸かしてコーヒーを入れる楽しさを解説。9巻はコーヒーとチョコレートを合わせた“カフェモカ”の作り方が中心です。どちらも全ページカラーで、器具や入れ方の写真が大量に掲載されており、1つ1つのコメントが丁寧!

同人誌「珈琲読本 Volume.8 〜そとカフェ満喫スタートブック〜」 野外でコーヒーって、なんだかわくわくします

 例えばコーヒーミルの使い方の説明には「コーヒー豆をひく分だけ中に入れます。1度にひける豆の量は1〜2杯分なので入れすぎないように気をつけましょう」と書かれています。さらりと読んだら「入れすぎないように」なんて、当たり前の事だと思われるかもしれませんが、これくらい丁寧に書いてくださると、「あ、入るなら、たくさん入れよう! まとめてたくさんひいておくと手間も省けるし」と考えてどばーっと入れるタイプの人が、思い付きだけでやってしまって後から大変なことに……という悲劇が未然に防げるんです。そう、私みたいに……。

同人誌「珈琲読本 Volume.8 〜そとカフェ満喫スタートブック〜」 器具の価格も参考になりますね
同人誌「珈琲読本 Volume.8 〜そとカフェ満喫スタートブック〜」 “そとカフェ”したらこんな出会いがあるかも?

かわいい女の子イラストも! 「これでもか!」と初心者をコーヒー道に導きたい感にあふれた内容

 随所に見られる細やかな気配りは、“カフェモカ”特集の9巻でも発揮されています。レシピに添えられたコーヒーの断面図には、下からチョコレート、エスプレッソ、泡立てた牛乳、ホイップクリームが積み重なっているのが視覚から分かり、「カフェモカってこういうものか……!」と一目で理解できます。制作前に、これから作る物の全体像を把握するって理解度が高まりますよね。このレシピの設計図化、何気ないですがとっても分かりやすいです。

同人誌「珈琲読本 Volume.9 〜ホットカフェモカ特集号〜」 実物の写真がたくさんです

同人誌「珈琲読本 Volume.9 〜ホットカフェモカ特集号〜」 ホイップクリームたっぷり! 断面図が参考になります

 そして、各本にはゲストさんから、かわいい女の子のイラストが寄稿されています。サークルの看板娘さんが、掲載されたレシピと同じコーヒーをおいしそうに飲んでいるのを見ると、作ってみたい欲が高まります。丁寧な説明に、かわいいイラストで、「どこからでも初心者をおいしいコーヒー道にご案内しますよ!」という作者さんの思いが発信されています。

同人誌「珈琲読本 Volume.9 〜ホットカフェモカ特集号〜」 彼女が持っている、パフの入ったタイプのチョコは、きっとあとでおやつにするつもりに違いない……とか深読みしてしまいます

さりげない一言に見え隠れするコーヒー好きのヘビーなせりふが奥深い

 きっと、こんな本を出されるからには作者さんご自身もコーヒーがお好きなんだろうな、と実感する一文に出会いました。それは、カフェモカとお菓子の食べ合わせを考えるページにありました。

「甘いものを摂り過ぎてしまったら、ブラックのコーヒーか牛乳を飲めばある程度中和することが出来ます」

 って……。えっ? お菓子とカフェモカで口の中が甘くなったら、ブラックコーヒーを飲めばいいじゃない……って、カフェモカとコーヒーのエンドレスループでは……! どれだけコーヒーがお好きなのでしょうか。いや、ミルクティーの次はストレートティーにしようとか紅茶でもありますね。ありますけど……でもやっぱり、こんなに丁寧に、そしてたくさんの本を作ってらっしゃる端々に、コーヒーとそれを楽しむことが大好きで、「コーヒー楽しいよ!」と呼びかけているやさしさを感じるのです。


サークル情報

サークル名:柚子屋茶寮(ゆずやさりょう)

Twitter:@yuzu_touya

Webサイト:http://yuzuyasaryo.hatenablog.jp/

本の入手先:COMIC ZINBOOK WALKER


今週のシャッツキステ

シャッツキステ 閉館した館内で、メイドみんなでささやかなお茶会をすることがよくあります。今日1日を振り返りながらちょっとお菓子をつまんだり。肩の力が抜ける時間ですねー

著者紹介

司書メイド ミソノ 司書メイド ミソノ:秋葉原カルチャーカフェ「シャッツキステ」でメイドとしてお給仕する傍ら、とある大きな図書館で司書としても働く“司書メイド”。その一方で、こよなく同人誌を愛し、シャッツキステでも「はじめての同人誌づくり」「こだわりの特殊装丁」の展示イベントを開く。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えた辺りで数えるのをやめました」と語る

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」