ニュース
» 2017年02月22日 16時13分 公開

い、生きてる!? 空想上の生物「グリフォン」を現実世界に召喚したら凛々しくてめちゃくちゃかわいい

これはスキャマンダーさんがすっ飛んでくる。

[橘 慧,ねとらぼ]

 ワシ(およびタカ)の翼を持つ上半身、そしてライオンの下半身を持つとされる「グリフォン」。そんな伝説上の生物を現実世界に召喚してしまったツイートがTwitter上で話題になっています。

 今にも動き出しそうなグリフォンを制作したのはTwitterユーザーのらみさん(@rami_taso)。羽もお腹もモフモフだ〜、と安易に触ったらつつかれてしまいそうな気高いクチバシに、眼光鋭い瞳。捕えたものを離さないであろう長い爪、先端が少しふっくらしたしっぽ、耳の羽角(羽毛の飾羽)に至るまで、全てにリアリティーがあります。

 大きさはしっぽも含めて約40センチ程度だそうで、動物で例えるとウサギくらいのサイズ感とのこと。凛々しくて、しかもカワイイ! おうちに一羽ほしいよママーッ!


画像 リアルワールドに召喚されたグリフォンです

画像 しっぽ! しっぽ!!

画像 肉球たまらぬ。触りたいが爪が鋭い。でもかわいい。

画像 飼いならしたいんじゃ〜

 制作者のらみさん(@rami_taso)は、もともと動物の少しリアルな着ぐるみ(被り物)や羊毛フェルトや粘土細工を作るのが趣味で、それらから得た知識や技術を生かし、粘土や羊毛などいろいろな素材を組み合わせて今回のグリフォンを作り上げました。一目見て「いる!」と思わせる、この存在感。タカやミサゴなどの猛禽類を参考にして少しでもリアルに近づけるようにしたという努力のたまものです。

 空想動物の中でも特にグリフォンが好きなのだそうで、「空想の生き物ですから実際にはいない訳でどうにかして自分の手で具現化させたかったんですかね」「今後はもっといろんな種類のグリフォンをつくってみたいですし、ほかにも幻獣や動物を作れたらいいなと思ってます」とコメントを寄せてくれました。

 空想を現実に。なんでもない空間を非日常に。らみさんが丹精込めて召喚したグリフォンは私たちに夢を見る力の素晴らしさを教えてくれているような気がします。

ツイート・画像提供:@rami_tasoさん

関連キーワード

動物 | Twitter | かわいい | 着ぐるみ | 肉球


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた