「そいつはやめとけ!」と全世界絶叫 「潜熱」はヤバい男を好きになってしまった女子大生の恋愛沼マンガねとらぼレビュー

主人公は女子校育ちの大学一年生・岡崎瑠璃。夏休みに始めたコンビニバイトで“ヤクザ”に出会ってしまい――。

» 2017年02月25日 22時00分 公開
[青柳美帆子ねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 100人中99人が「その男はやめろ!」と止めたくなる。でも残りの1人は「いやわかるよ、好きになっちゃうよね……」と主人公と一緒に白旗を上げる。そんな恋愛沼の爆弾が投下されました。

 その名も「潜熱」。野田彩子さんが「ヒバナ」(小学館)で連載中の恋愛漫画です。

潜熱 「潜熱」

 主人公は女子校育ちの大学一年生・岡崎瑠璃。まじめで、一生懸命で、ちょっと空回り気味で、どことなく付け込みたくなるような隙がある。瑠璃は大学一年の夏休み、生まれて初めてのコンビニバイトを始めます。

 そこで出会ったのはいかにも怪しげな男・ノセガワさん。いつも「6ミリを2つ」と煙草を買いに来るスーツ姿の常連客です。バイト仲間いわく「危ない人」「たぶんヤクザ」。どうという会話をしたわけでもないのに、瑠璃はじわじわとノセガワさんに惹かれていきます。

 〈周りは女の子と女の先生とおじいさんばっかり。暴力をふるう人なんていなかった。あんな人、初めて見た〉

 〈たぶんパパより年上で、携帯にはかわいいストラップ。ノセガワさんは、笑顔もけっこうかわいい〉


潜熱潜熱

 そしてとある雨の日。瑠璃はふとしたきっかけから、「どうかしていた」行動に出てしまいます。

 〈「瑠璃さんは、俺が優しい人だと思うの?」「………………わ……私は……」「おやすみ」〉


潜熱潜熱

 読者としてはもう、「やめろ!!!!!」の大連呼ですよ。そいつはやめろ。やめておけ。ぜ〜〜〜ったいにやばい。ノセガワさんにとって瑠璃は、あくびをした瞬間に口に入ってきた虫みたいなもの。そしてやっぱりノセガワさんは、あっさりと瑠璃の壁を打ち破ってくるのでした。

 〈逆瀬川(のせがわ)さんは、悪い人かもしれないし、性格も悪いかもしれない…………〉

 〈「変な子でしたね」「んん?」「妙な具合にマゾっぽいというか……」「の、わりにかみついてくるだろ」〉

 逆瀬川さんは、瑠璃がどんなことに浮かれるか、どんなことに傷つくか、ちゃんとわかっている。わかっていてやる、ひどい男です。瑠璃の心の中に直接手を突っ込んで、ぐちゃぐちゃにかき混ぜるのを楽しんでいる。昔からの友人のトモちゃんも逆瀬川さんを一目見てこう思う。「関わっちゃダメ! 好きになってもダメ! 助け、なきゃ!!!」。でももちろん、瑠璃はゴロゴロと恋の地獄坂を転げ落ちていく。

 友人男性Uさんに「潜熱」を読んでもらったら、「この子(瑠璃)は、何で逆瀬川さんが好きなの?」と心底不思議がっていました。その一方で、友人女性Aさんは「わかる! 好き!」と叫んでいた。これは「男の人にはわからない」などではなく、「逆瀬川さんがツボかどうか」なのです。

 性格と意地が悪くて、ヤクザで、煙草のにおいがして、手と指が筋ばっている。どこか影があり、どこかが狂っている。この猛烈な(ごく一部にブッ刺さる)セックスアピールに、恋愛経験が少ない処女が抵抗できるわけがないでしょう! 逆瀬川さんに翻弄された瑠璃の瞳は、きらきらしたり曇ったり。でも、傷ついてる顔がきれいだったりするから人間は怖い。


潜熱潜熱

 1巻は2月10日に発売されたばかり(Kindleも発売中)。6話ラストの展開は悶絶すること間違いなしです。

(C)野田彩子/小学館 ヒバナ

青柳美帆子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/08/news112.jpg 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  2. /nl/articles/2404/11/news009.jpg 天空の城ラピュタ“ムスカの3分タイマー”が「面白すぎる」 大爆笑のシュールなアイテムに「センスが良すぎる」「めちゃくちゃ欲しい」
  3. /nl/articles/2404/09/news009.jpg “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  4. /nl/articles/2404/10/news070.jpg 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  5. /nl/articles/2404/10/news013.jpg 夫が息子のために手縫いで作ったランドセルが6年後…… 思い出と愛情が詰まった経年変化に感動の声「6年間お疲れ様」
  6. /nl/articles/2404/11/news015.jpg 1歳になりたての娘、はじめてのおしゃべりで発したのは…… 正直すぎる言葉に「とんでもなくかわいい」「ずっと見てたい」
  7. /nl/articles/2404/10/news009.jpg 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  8. /nl/articles/2404/10/news151.jpg ミャクミャク様をモチーフにしたシューズがミズノから登場 親和性感じた社員の声で誕生
  9. /nl/articles/2404/12/news031.jpg 有名画家が絵そっくりな女性発見「誰ですか」と呼びかけ → まさかの本人登場!? 「最高です!」「似ている」とSNSで起きた奇跡に9.3万いいね
  10. /nl/articles/2404/11/news016.jpg 豪在住の日本人看護師が驚愕!! 日本ではありえない外来患者、自ずと退院していく前の光景に「ちょっと衝撃」「かなしいような、すごいような…」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」