ニュース
» 2017年02月25日 00時03分 公開

“公道マリカー”会社 任天堂の訴訟に対し反論「不正競争・著作権侵害には該当しない」

任天堂側とは数カ月前に協議を行い、理解を示す発言も得られていたと主張。

[ねとらぼ]

 公道カートレンタルサービスを行う「株式会社マリカー」は2月24日、同社に対し任天堂が訴訟を提起したこと(関連記事)を受け、「大変困惑しております」とのコメントをメディアに向けて発表しました。


公道マリカー 株式会社マリカー(現在はサイトダウン中)

 同社によれば、現状ではまだ訴状を受け取っておらず、具体的なコメントはできる状況にないとしつつも、現在の報道には「事実とは異なる内容がある」と説明。同社としては、サービスは「不正競争行為および著作権侵害行為には該当しない」との考えであることを明らかにしました。

 また、任天堂とは数カ月前に協議を行っており、サービスに対し理解を示す発言も得られていたとのこと。また、他の悪意ある公道カートレンタル事業者(任天堂の許可なく模造衣装を販売・レンタルするなど)について、協力して対応していくよう協議していた矢先の訴訟だったといい、「大変困惑しております」ともコメントしています。


公道マリカー マリカーから報道機関に向けて送られた発表文

 任天堂側の主張は、同社が「マリオカート」の略称を社名に用いているほか、マリオなどのコスプレ衣装を貸与したり、その写真を宣伝に利用したりしていることから、同社に対する不正競争行為および著作権侵害行為に該当する――というもの。現時点では両社の主張は180度食い違っており、このまま行けば全面対決の形となりそうです。

 なおマリカー側によれば、今回の提訴を受けて、Webサイトやメールサーバ、電話回線などがパンク状態となり、お客が迷子になるケースも発生するなど、サービス業務にも大きな影響が出ているとのこと。同社では利用者に対し、「対応が遅くなったことを重ねてお詫び申し上げます」とも謝罪しています。


関連キーワード

任天堂 | 裁判 | 著作権 | 著作権侵害 | マリオ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響