ニュース
» 2017年02月26日 15時10分 公開

認知症になった母親と家族を救った子猫の漫画が話題に 「涙が止まらない」「心に響きました」の声

だれにでも起こりうる変化と悩みが描かれています。

[宮原れい,ねとらぼ]

 精神機能の低下により日常生活や社会生活を送ることが厳しくなる認知症。そんな認知症になった母親の変化と、その後もらってきた1匹の子猫・ミイによって救われた家族の漫画が「心に響きました」「涙が止まらなくなりました」と話題になっています



認知症 オフクロ 子猫 ミイ 母 親 漫画 山崎浩

認知症 オフクロ 子猫 ミイ 母 親 漫画 山崎浩

 投稿したのは漫画家の山崎浩(@housui03)さん。お父さんが早くに亡くなり、1人でお店を経営してバリバリ働いていたというお母さんですが、いつの間にか異変が訪れ、気がついたときにはもう認知症が始まっていたといいます。


認知症 オフクロ 子猫 ミイ 母 親 漫画 山崎浩認知症 オフクロ 子猫 ミイ 母 親 漫画 山崎浩

認知症 オフクロ 子猫 ミイ 母 親 漫画 山崎浩認知症 オフクロ 子猫 ミイ 母 親 漫画 山崎浩

認知症 オフクロ 子猫 ミイ 母 親 漫画 山崎浩認知症 オフクロ 子猫 ミイ 母 親 漫画 山崎浩

 最初は自活もできて笑っていたお母さんも、認知症が進行するにつれ奇行が増すように。そこで山崎さんのお兄さんが実家に戻るも、激しくなるお母さんの奇行は止まらず……山崎さんも実家を継ぐかなど悩んでいたタイミングで、突然お兄さんがもらってきたのが子猫のミイでした。


認知症 オフクロ 子猫 ミイ 母 親 漫画 山崎浩認知症 オフクロ 子猫 ミイ 母 親 漫画 山崎浩

認知症 オフクロ 子猫 ミイ 母 親 漫画 山崎浩認知症 オフクロ 子猫 ミイ 母 親 漫画 山崎浩

認知症 オフクロ 子猫 ミイ 母 親 漫画 山崎浩 やんちゃな子猫の世話をみはじめる山崎さんのお母さん

 気ままに遊び回る子猫を追い回す毎日に、猫嫌いだったというお母さんは認知症になってから言うようになった“他人への悪口”をやめて、「あ〜もうあのネコ」と猫の悪口を言うように。すると、それからはだんだんと子猫の世話をするようになり、子猫の方からも懐かれたお母さんは以前のような穏やかな状態になったそうです。まさに救世の猫ちゃん……!


認知症 オフクロ 子猫 ミイ 母 親 漫画 山崎浩認知症 オフクロ 子猫 ミイ 母 親 漫画 山崎浩

認知症 オフクロ 子猫 ミイ 母 親 漫画 山崎浩 ミイと一緒にいるうちに変化が……!

 そして、その頃からデイサービスを受けられるようになったお母さんは、昼間は施設で夜は猫と一緒に過ごす和やかな日々に。その後症状が悪化して介護病棟に移ってからは、会えないからと“ネコのぬいぐるみ”を渡すと、いつまでもそのネコをさわって笑顔を見せたとのこと。また一方で子猫から成長したミイは、お母さんが戻れなくなった実家のベッドで帰りを待つように寝ているとのことで、離れてもお互いが強く通じ合っているのが感じ取れます。

 Twitterでは「胸が切なくも温かくなりました」「親の認知症への心構えとしても、心に残りました」と感動や感謝を伝える声が多く寄せられていて、同じような状況にいる人からは「とても参考になります」という声も。

 なお、山崎さんにうかがったところ、「猫もアニキも元気にやってます」とのことで、ミイは今はお兄さんと仲良く暮らしているようです。


認知症 オフクロ 子猫 ミイ 母 親 漫画 山崎浩認知症 オフクロ 子猫 ミイ 母 親 漫画 山崎浩

認知症 オフクロ 子猫 ミイ 母 親 漫画 山崎浩 待ってるミイちゃんとお母さんの絆よ……






画像提供:山崎浩(@housui03)さん

(宮原れい)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響