ニュース
» 2017年02月27日 17時10分 公開

シュワルツェネッガー、親友ビル・パクストンを追悼 「ターミネーターではパンク男だったな」

「エイリアン2」「プレデター2」「アポロ13」「タイタニック」など数々のヒット作に出演。

[城川まちね,ねとらぼ]

 俳優のビル・パクストンが2月25日、手術による合併症のため61歳で亡くなりました。「ターミネーター」「コマンドー」「トゥルーライズ」など、共演作の多かった俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーが、SNS上に投稿した動画で追悼しています。

ビル・パクストンを追悼するアーノルド・シュワルツェネッガー 葉巻は共演作「コマンド―」「プレデター2」を思い出させます(画像はアーノルド・シュワルツェネッガーのInstagramから)

 「ビル・パクストンはどんな役も演じられたが、そのままの彼は1番だった。大きな心を持った偉大な人だった」とコメントを添えて投稿された今回の動画。シュワルツェネッガーはシンボルともいえる葉巻を持ち、米アイダホ州のサンヴァレーへスキー休暇にきておりビル・パクストンが亡くなったという恐ろしい知らせを受けたばかりだと説明。

 「彼はとてもよい友人だった。ターミネーターで一緒に仕事をしたときのことを思い出す。彼は横柄なパンク男だったな。トゥルーライズでは下劣な車のセールスマンだった」と昔を懐かしむように笑みを浮かべながら語るシュワルツェネッガーからは、2人の親しさがうかがえるようです。

 「私たちはいつも撮影現場で素晴らしい時を過ごした。なんという、優秀で創造的な俳優だっただろう。演じるのか、監督するのか、執筆するのか、制作するのか、それは重要なことではなく、彼はただ映画と映画を作ることに対し情熱的だった。偉大な俳優の1人だったし、才能にあふれた男だった。そしてまたとても、とてもよい友達だった。親友の1人だった。だから、すごく寂しくなるだろう。私の思いと祈りは彼と彼の家族とともにある」とメッセージは結ばれています。

アカデミー賞のビル・パクストン追悼投稿 「ビル・パクストン、私たちに与えてくれた全てに感謝します」とアカデミー賞も追悼(画像はアカデミー賞のInstagramから)

 また、ジェームズ・キャメロン監督作品にも多く出演しており、1997年の大ヒット作「タイタニック」ではトレジャーハンターのブロック・ラベットを演じました。キャメロン監督は米VANITY FAIR紙にメールで長い追悼のメッセージを送り、ロジャー・コーマンの低予算映画の撮影現場で知り合ってから36年間ずっと親しい友人だったと述べ、「映画を共に制作し、プロジェクトの発展を助けあい、スキューバダイビングをしに一緒に旅行して、お互いの子どもの成長を見守り、難破したタイタニック号までともにロシアの潜水艇で潜ったことさえあった(※映画「タイタニック」の冒頭シーンと思われる)」とその思い出をつづりました。さらに「オスカーの派手派手しい喧噪の中、人びとが少しだけこの素晴らしい男のことを思い出してくれることを願っている」とし、それに応えるようにアカデミー賞もSNS上でパクストンを追悼する投稿をしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」