ニュース
» 2017年03月04日 11時00分 公開

そこで宇宙大戦争はずるいよ!(褒め言葉) 「バイプレイヤーズ」第8話、大杉漣さんは仲間の信頼を取り戻せるのかねとらぼレビュー

大杉漣さんの引き受けた役がバラバラすぎる。

[たまごまご,ねとらぼ]

 テレビ東京のドラマ24「バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜」。第8話は「バイプレイヤーとキー局制覇」。

 同クールレギュラー制覇は、実際にバラエティなども含むとあり得るようです。でもかなりマレ。

 作中でモリモリ仕事を入れまくる大杉漣さん回。仕事の幅が広いため、撮影風景もさまざま。中でも印象的なのは、低予算映画「みたらし熟女」。布団の中で大杉漣さんが、女性に迫る演技がこちら。


画像 シュール極まりない光景

 某番組のキスで有名な、浅見千代子さんじゃん! ……いや確かに熟女ですが。なお大杉漣さんとのキスは未遂に終わりました。


今までのおさらい

 6人の名脇役俳優をデフォルメしながら、本人が本人を演じる形式のドラマ。「七人の侍」撮影のため、3ヶ月のシェアハウス生活をすることになった、遠藤憲一さん、大杉漣さん、田口トモロヲさん、寺島進さん、松重豊さん、光石研さん。

 一緒に過ごして、かなーり仲良くなってきました。ところが実は「七人の侍」の撮影はかなり前にポシャっていたことが判明。10年前の自主制作映画「バイプレイヤーズ」の失われたフィルムを探すために、大杉さんが内緒にしていた、いわばウソの合宿でした。打ち明けた大杉さんは狼狽(ろうばい)。メンバーはさすがにブチ切れ。


役者失格じゃないですか

松重「そりゃ集まりますよ、役者ならトライしてみたくなるような内容ですからね!」「漣さんは俺達の演じてみたいって気持ちを利用したんですよ」

遠藤「漣さんさ、フィルム盗んだやつ役者失格とか言ってたけど、こんなことやってる漣さんは役者失格じゃないですか」


画像 シェアハウスのメンバーから糾弾される大杉さん。

 つらい。でもさすがにこればっかりは自業自得。言い訳のしようがない。面々がシェアハウスを去っていくのを見守るしかありませんでした。

 ウソはよくない。ただ、大杉さんはずっと「俳優」という仕事に対して、真摯な気持ちでした。だから失ってしまった信用を取り戻すために、言葉でいろいろ言い訳するのではなく、役者として仕事をこなすしかない、と決意。拝み倒して仕事を詰め込みに詰め込んだ結果が、「NHK→TBS→テレビ朝日→CX→テレビ埼玉→テレビ東京→日本テレビ+Eテレ」というエグすぎるスケジュール。


画像 次の現場まで走れっ! マネージャーもめちゃめちゃ大変そう

 体操のお兄さん、お父さん役、おじいちゃん役、サッカー選手役。ちなみに大杉漣さん本人はサッカー好きなことで有名です(シェアハウスの監視室では、ユニフォームを飾っていました)。

 総理大臣役のシーンは、音楽がずるい!(褒めてます) 怪獣映画的なアレです。1話朝食シーンで話していたみたいに、あの後殺されちゃうんじゃないの。


信頼ってなんだろう

 大杉さんは今回、「信頼」に関するシーンに何度か立ち会っています。

 その大きなものの一つは滝藤賢一さんとのシーン。以前滝藤さんは作中で、不倫スキャンダルを文春にすっぱ抜かれてしまい、仕事を一気に失いました。どん底に落ちていた彼。


画像 復帰の話を大杉さんにする滝藤賢一さん。なにげに準レギュラー状態

滝藤「コツコツと色々やりましたよ」「学生の自主映画に出て、あと再現ドラマのオーディションに参加したりして」


 ギャラの高さなどを考えず、なりふり構わず食いついた結果、YouTubeでバズったことで復帰のきっかけが産まれた。

 どこで何が起きるか分からない……ではないと思う。幸運をつかめたのは、それだけあがいて釣り針いっぱい投げて、しかも実力を全開で出していたから。必死に踏み出さないと、信頼は戻らない。

 ただし、やり方のバランス見極めは、本当に難しい。どんなにすごい俳優でも、人間です。


役者の体はひとつですから

田口「気をつけてくださいよ、今倒れたりして、それだけのスケジュールとばしたら、業界干されちゃいますから」


 仕事を抱えすぎた俳優の大変さを、シェアハウスの面々はわかっています。最初は「たくさん仕事をしたらみんなが認めてくれる」と考えていた大杉さん。そんなことはない、むしろ呆れていた。

 仕事を高クオリティでたくさんできる人は、もちろん立派だ。しかし自分の身の丈を超えてしまうと、パンクして周囲に迷惑をかけてしまう。

 田口さんはスケジュールゆえに、自分のところにきた、昔からお世話になっている仲間の企画を、断らざるを得ませんでした。苦渋の選択です。

光石「役者の体はひとつですから」
田口「企画が流れるのってつらいよね」


 助けてあげたい。でも無理にやって迷惑をかけるわけにいかない。

 大杉さんは、田口さんが捨てたその台本を見て、慌ててその仕事を受けます。なんとかしてあげたい、と思ったから。

 低予算映画。お金はそんなに入ってこないはず。キー局制覇で忙しいのに、ねじこんだ。

 そして、過労で倒れてしまい、3日間も穴を開けた。


 大杉さんのやりかたが良いのか、田口さんの選択が正しいのか、それは本人たちにしか分かりません。

 ただ、大杉さんは体を壊してでも、誰かのために演じたい、という気持ち自体はまぎれもない本物。やったことは無茶だったけれども、誠実さはシェアハウスのメンバーにちゃんと伝わりました。滝藤さん同様、思った通りではないかもしれないけど、動いたからこそみんなの信頼が戻ってきた。今まで積み重ねてきた関係は、ちゃんと取り戻せる。人情のある人には、人情が返ってくる。

 全員が大杉さんの開けてしまった仕事の穴を埋めるシーン。かなりコメディタッチだけど、本当に熱い。

 松重さんはサッカー選手に。遠藤さんは子ども番組に。田口さんはNHKのおじいさん役、寺島さんはCXの父親役。そして光石さんは。


画像 光石研さん、トップクラスの笑顔がここで

 「みたらし熟女」の現場で、すっかり仲良しに。なんか違わない?

 光石さんは今回、ものすごいプレイボーイだということは分かりました。熟女をみたらしている。

寺島「やっぱ家族は最高かな。ただね、時々館山の空気吸いたくなるんだよな……」


 倒れた大杉さんのことで、みんなが一旦シェアハウスに集合したときのセリフ。大杉さんが自分の本音を言いやすい空気を作ろうと気配りする、みんな。かっこいい。

 偽りの強制共同生活は終わりです。

 ここからは「真・バイプレイヤーズ」。6人の意思で、フィルムを探す日々が始まります。

 にしても、ジャスミンが今後もこのメンバーと行動を共にすることになったのは、よかった。彼女はこのまま戻れなかったら完全にヒールで終わってしまった。でも大杉さんにとっては「バイプレイヤーズ」を探す大切な仲間だったようで、彼女に色々打ち明けていました。みんながバランスをとって館山で絆を深められたのは、やっぱりジャスミンがいてこそなところ、あると思うなあ。彼女も、バイプレイヤーズを騙せるほどの一流の役者だったんだもの。


(C)「バイプレイヤーズ」製作委員会

たまごまご


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/11/news068.jpg がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  2. /nl/articles/2208/11/news060.jpg 研ナオコ、長女の誕生日に面影感じる“母娘”ショット 「そっくりな娘さん!」「大人になりましたね」
  3. /nl/articles/2208/10/news172.jpg 朝日奈央が結婚、お相手との肩組み2ショット公開 「これから家族として、沢山の景色を一緒に見にいける事がとっても楽しみ」
  4. /nl/articles/2208/11/news063.jpg 高橋真麻、第2子妊娠を生発表 6月に“激痩せ”姿が話題になるも「どうやら体質のようです」「理由が言えなかった」
  5. /nl/articles/2208/11/news010.jpg 水浴び中の野生の水牛を発見、撮影していたら…… 突然振り返った行動に撮影者が大慌て!【豪】
  6. /nl/articles/2208/10/news023.jpg 生まれつき前足のない柴犬、おやつの前に…… “お座り”ができるようになった姿に「命ってスゴい」「ウルウルした」と感動の声
  7. /nl/articles/2208/11/news064.jpg 岩崎宏美、長男の結婚を“新婚ホヤホヤ2ショット”とともに報告 「しっかりね!! ずっと仲良しでね!!」とエールを送る
  8. /nl/articles/2208/10/news174.jpg 坂上忍、余命数カ月の“13男”・平塚コウタに「奇跡」 転移した腫瘍消失で喜びあらわ 「先生もビックリしてて」
  9. /nl/articles/2208/11/news059.jpg 旦那大好きだな! 藤本美貴、夫・庄司智春との“ペアルック夫婦”ショットが超ラブラブ「幸せが伝わってきます」
  10. /nl/articles/2208/11/news016.jpg 2階にいるママを待ちきれない19歳の猫ちゃん、階段の下から…… 「にゃおおお!!」と何度も呼び出す姿に「甘えん坊さん」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい