ニュース
» 2017年03月09日 18時30分 公開

ネットで誰でも自分の本屋が開ける 講談社が電子書籍販売プラットフォーム「じぶん書店」を立ち上げ

将来的には講談社以外の本、動画、音楽なども取り扱う可能性が。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 講談社が、メディアドゥと共同して電子書籍のセールスプラットフォーム「じぶん書店」を4月にスタートすることを発表しました。

 ネット上で紹介した本が売れるとポイントがもらえるアフィリエイトサービスのような仕組み。さまざまな作品のファンやクリエイターが自分で販売できるサービスに発展する可能性もあるようです。


画像

 「じぶん書店」は無料で「マイ書店」を開設し、電子書籍の紹介文を書いて販売するプラットフォーム。ブラウザ上で利用できるようになっており、紹介文はTwitterやFacebookでシェアすることが可能です。アプリをインストールしなくても試し読みに移れるうえ、会員登録すれば購入することも。そのため、SNSでの情報発信が、プロモーションに活用できるとしています。販売実績に応じて手に入る「アフィリエイトコイン」は電子書籍の購入に使ったり、他のポイントと交換したりすることが可能。

 リリース時は講談社の電子書籍約3万2000点が販売対象となり、同社から出版している作家、編集者の「書店」が開設されます。将来的には、他の出版社の本や動画、音楽などのデジタルコンテンツを取り扱うことも想定しているとのこと。


画像 紹介した本が売れると、ポイントがゲットできる仕組み

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる