ニュース
» 2017年03月16日 06時00分 公開

「原作のラスト」まで描くデビルマン新作アニメ「DEVILMAN crybaby」、Netflixで2018年配信へ

永井豪「最後まで描いてくれるの?」 湯浅政明監督「限界までやりますよ!」。

[城川まちね,ねとらぼ]

 永井豪さん原作の「デビルマン」が、Netflixオリジナルの新作アニメ「DEVILMAN crybaby」として2018年初春、全世界190カ国に配信されることが決定しました。

DEVILMAN crybaby リメークきたぁぁぁぁ!


 1967年にデビューした永井さんの50周年を記念して企画された同作。デーモン(悪魔)と合体し、デーモンたちと戦う不動明の姿を描いた「デビルマン」は、物語は海外でも高い人気を誇り、多くのクリエイターに影響を与えてきました。

DEVILMAN crybaby デビルマン軍団とサタン率いるデーモン軍団とのアーマゲドンまで描くだと……?

 人間の本質を問いかけるような原作に対し、これまでアニメ化されたものは年齢に関わらず楽しめるよう勧善懲悪の側面が強かった同作。アニプレックスの新宅洋平プロデューサーは今回の新作アニメについて「激しいバイオレンス描写など、Netflix配信ならではの表現に挑む」「永井豪先生の原作に真正面から向き合う」としており、これまで1度も映像化されてこなかった「原作のラスト」、つまりデビルマン軍団とサタン率いるデーモン軍団とのアーマゲドンまで描く考えを示しています。

DEVILMAN crybaby 1972年の連載開始から45年

 監督は、「夜は短し歩けよ乙女」(4月7日公開)の湯浅政明さん(関連記事)、音楽は湯浅監督の「ピンポン THE ANIMATION」でも担当した牛尾憲輔さん、脚本は「コードギアス 反逆のルルーシュ」「甲鉄城のカバネリ」の大河内一楼さんです。


原作コミック「デビルマン」のアニメ化のお話を聞いたとき、まず一番に思ったのは「最後まで描いてくれるの?」でした(笑)。僕が絶大な信頼を置いている湯浅監督なら、やりきってくれると信じています。デビルマンとデーモンの闘いが、アニメーションでどのように描かれ、決着がつくのか。二度と実現出来ないかもしれない「デビルマン」の結末までのアニメーションを、僕自身楽しみにしています。 永井豪

最も衝撃を受けた漫画「デビルマン」のアニメ化を、まさか自分がやることになるとは! 漫画史上最高ともいえる衝撃的な展開と壮大なラストシーンにたどり着くため、原作のスピリット、エッセンスを「今やるアニメーション」の形に落とし込む作業に日々悪戦苦闘中です。しかし配信ということで制約も少ないので、限界までやりますよ! バイオレンス、エログロなどありますが、最終的に「愛」です。楽しみに待っていてください。 湯浅政明

湯浅政明監督と漫画「デビルマン」をアニメ化させて頂きます。永井豪先生による壮大な一大叙事詩の本質を、余すことなくアニメにするためにチームが一丸となって取り組んでいます。監督とともに巨大な原作に挑むのはピンポンThe Animation以来。あの時と同じチームで、またあの熱い日々を過ごせていることをとても光栄に思っています。監督がおっしゃる通り「愛」の作品です。是非ご期待ください。 牛尾憲輔


(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project

関連キーワード

アニメ | デビルマン | Netflix


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  3. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  4. /nl/articles/2205/15/news033.jpg 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  5. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  6. /nl/articles/1908/19/news093.jpg 任天堂が「草」を商標出願 → ネット民「草」「これは草」「草草の草」
  7. /nl/articles/2007/07/news115.jpg 電通、「アマビエ」の商標出願を取り下げ 「独占的かつ排他的な使用は全く想定しておりませんでした」
  8. /nl/articles/2205/14/news007.jpg 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news124.jpg 大沢樹生、血縁関係がない息子と再会で“男飲み”2ショット 「2人が築いていってるものが素敵」「仲良しだね」
  10. /nl/articles/2205/11/news167.jpg 「あなたのAirpodsではありません」 隣の人がAirpodsの蓋を開け締めしているせいでiPadが操作できない話がおつらい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  4. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」
  5. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  6. 神田愛花アナ、バナナマン日村との“夫婦デート風景”にファンほっこり 「幸せあふれてる」「仲良くてステキ」
  7. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  8. 山田孝之、芸能人として“3億円豪邸”に初お泊まり 突然泣き出すはじめしゃちょーをハグする異例展開で「本当にいい人」
  9. トム・クルーズ、4年ぶり来日をウマ娘が発表 突然の大物コラボに困惑する声「まず戸田奈津子さんに理解してもらうところから」
  10. 堀ちえみ、新居ダイニングの解体&再工事が完了 住居トラブルへの怒りも“夫の名言”で鎮火「ハッとしました」