ニュース
» 2017年03月16日 06時00分 公開

「原作のラスト」まで描くデビルマン新作アニメ「DEVILMAN crybaby」、Netflixで2018年配信へ

永井豪「最後まで描いてくれるの?」 湯浅政明監督「限界までやりますよ!」。

[城川まちね,ねとらぼ]

 永井豪さん原作の「デビルマン」が、Netflixオリジナルの新作アニメ「DEVILMAN crybaby」として2018年初春、全世界190カ国に配信されることが決定しました。

DEVILMAN crybaby リメークきたぁぁぁぁ!


 1967年にデビューした永井さんの50周年を記念して企画された同作。デーモン(悪魔)と合体し、デーモンたちと戦う不動明の姿を描いた「デビルマン」は、物語は海外でも高い人気を誇り、多くのクリエイターに影響を与えてきました。

DEVILMAN crybaby デビルマン軍団とサタン率いるデーモン軍団とのアーマゲドンまで描くだと……?

 人間の本質を問いかけるような原作に対し、これまでアニメ化されたものは年齢に関わらず楽しめるよう勧善懲悪の側面が強かった同作。アニプレックスの新宅洋平プロデューサーは今回の新作アニメについて「激しいバイオレンス描写など、Netflix配信ならではの表現に挑む」「永井豪先生の原作に真正面から向き合う」としており、これまで1度も映像化されてこなかった「原作のラスト」、つまりデビルマン軍団とサタン率いるデーモン軍団とのアーマゲドンまで描く考えを示しています。

DEVILMAN crybaby 1972年の連載開始から45年

 監督は、「夜は短し歩けよ乙女」(4月7日公開)の湯浅政明さん(関連記事)、音楽は湯浅監督の「ピンポン THE ANIMATION」でも担当した牛尾憲輔さん、脚本は「コードギアス 反逆のルルーシュ」「甲鉄城のカバネリ」の大河内一楼さんです。


原作コミック「デビルマン」のアニメ化のお話を聞いたとき、まず一番に思ったのは「最後まで描いてくれるの?」でした(笑)。僕が絶大な信頼を置いている湯浅監督なら、やりきってくれると信じています。デビルマンとデーモンの闘いが、アニメーションでどのように描かれ、決着がつくのか。二度と実現出来ないかもしれない「デビルマン」の結末までのアニメーションを、僕自身楽しみにしています。 永井豪

最も衝撃を受けた漫画「デビルマン」のアニメ化を、まさか自分がやることになるとは! 漫画史上最高ともいえる衝撃的な展開と壮大なラストシーンにたどり着くため、原作のスピリット、エッセンスを「今やるアニメーション」の形に落とし込む作業に日々悪戦苦闘中です。しかし配信ということで制約も少ないので、限界までやりますよ! バイオレンス、エログロなどありますが、最終的に「愛」です。楽しみに待っていてください。 湯浅政明

湯浅政明監督と漫画「デビルマン」をアニメ化させて頂きます。永井豪先生による壮大な一大叙事詩の本質を、余すことなくアニメにするためにチームが一丸となって取り組んでいます。監督とともに巨大な原作に挑むのはピンポンThe Animation以来。あの時と同じチームで、またあの熱い日々を過ごせていることをとても光栄に思っています。監督がおっしゃる通り「愛」の作品です。是非ご期待ください。 牛尾憲輔


(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project

関連キーワード

アニメ | デビルマン | Netflix


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」