ニュース
» 2017年03月16日 22時50分 公開

実写化の不安乗り越え完成したスカヨハ攻殻をたけし称賛「漫画の実写で最初に成功した例に」

たけし「ゴースト・イン・ザ・シェル唯一の失敗は荒巻じゃないかという説も(笑)」

[西尾泰三,ねとらぼ]

 士郎正宗さんの漫画「攻殻機動隊」をハリウッドで実写化した映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」(日本では4月7日公開)の来日記者会見が3月16日に都内で開催され、主人公・少佐役のスカーレット・ヨハンソンをはじめ、ピルー・アスベック(バトー役)、ジュリエット・ビノシュ(オウレイ博士役)、ルパート・サンダース監督が荒巻役のビートたけしさんと共に登場した。

「ゴースト・イン・ザ・シェル」来日記者会見 「ゴースト・イン・ザ・シェル」来日記者会見で。左からピルー・アスベック、ビートたけし、スカーレット・ヨハンソン、ジュリエット・ビノシュ、ルパート・サンダース監督


スカーレット・ヨハンソン スカーレット・ヨハンソン

 ヨハンソンは冒頭、「日本が生んだ原作を実写化した本作をお披露する最初の都市に東京はとてもふさわしい。とても興奮している」とあいさつ。

 オファーを受けた当初は、詩的で幻想的な原作の世界観をどう実写化するのか自分の中でイメージがつかめず、気持ち的にもおじけづいたという。ジュリエット・ビノシュも「脚本を渡されたときは暗号書を見ているようで全く理解できなかった」と同様の思いを口にしたが、ヨハンソンは、監督と長い時間を掛けて話し合っていくうちに、自分自身の存在に疑問を抱く“少佐”の存在に魅せられ、ついには作品のテーマが脳から離れなくなったのだという。


少佐 (C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.

 実際の撮影は、「自分がどう役に息を吹き込むのか、感情的にも肉体的にも大変な作業だった」と明かすも、「役者として未知の世界に大きく一歩を踏み出した作品。世界中で愛されている作品に出演することは光栄であると共に責任も感じるが、存在の危機を感じている役を5カ月ほど演じ、それを乗り切る体験をしたことで、キャラクターの成長と共に自分の成長が感じられた」と喜びを語った。

少佐と荒巻 少佐と荒巻

 ヨハンソン演じる少佐の上司に当たる公安9課の荒巻を演じたたけしさんは、「大きなバジェット(予算)の本格的なハリウッド映画に初めて出られて、自分にとってもいい経験になった」とあいさつ。

 撮影は何もかも邦画とはスケールが違うことに驚きも多かったようで、ただ歩くだけのシーンを撮影するのにも「『グッド』と監督に言われてよかったのかなと思ったら『ワンモア』って。その後も『ナイス! ワンモア』『ベリーグッド! ワンモア』『エクセレント』『ジーニアス』、でも『ワンモア』。これはお金が掛かるなとつくづく思った」と笑う。一方で、役者としての振る舞いをヨハンソンからあらためて学んだとし、「さすがにこの人(ヨハンソン)はプロだなと日本に帰ってきてつくづく思う。そのくらい素晴らしい映画ができた」と仕上がりに自信を見せた。


少佐と荒巻 (C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.

 監督を務めたルパート・サンダースは、美術学校時代に原作と出会い、その卓越した世界観に若き想像力をかき立てられた人物。「実写版を作るなら、僕が作りたいと思っていた」と作品への強い思いを吐露する一方で、「士郎(正宗)さんや押井(守)さん(神山)健治さんに恥じないものを作らなければならないというプレッシャーがあった」と実写化の重圧を明かした。

 作品作りに当たっては日本映画を強く意識して作り上げたといい、同作を「(黒澤明監督の)『醉いどれ天使』と『ブレードランナー』が出会ったような作品」と表現。「実写版を通じ、世界の人々が士郎正宗や押井守が生み出した素晴らしい作品を知ることになることを非常にうれしく思う」と話した。

4月7日の公開まで間もなく! (C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.

 記者会見でキャストや監督が一様に口にし続けたのは、原作やそれを生み出した士郎正宗さん、アニメを手掛けた押井守さんらへの強いリスペクトだが、たけしさんは加えて、「漫画の実写化は原作に必ず負けて文句を言われるのが定説。でも、この作品は、もしかすると漫画の実写で最初に成功した例になるのではないか。唯一の失敗は(自分が演じる)荒巻じゃないかという説も」と、自虐ネタを挟みつつもリスペクトと独自性が融合した新たな作品の仕上がりに自信を見せた。


「ゴースト・イン・ザ・シェル」本予告

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  3. がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  4. HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  5. 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  6. マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  7. ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  8. 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  9. 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  10. がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい